展覧会

MAMコレクション006:物質と境界―ハンディウィルマン・サプトラ+千葉正也

2017.11.18(土)~ 2018.4.1(日)

出展作家

ハンディウィルマン・サプトラ(1975年生まれ)
千葉正也(1980年生まれ)

ハンディウィルマン・サプトラ(1975年、インドネシアの西スマトラ州生まれ)と千葉正也(1980年、神奈川県生まれ)を紹介します。ふたりのアーティストは、彫刻と絵画を中心に様々な手法や素材を用いて制作を行っており、本展では、それぞれの持つ物質、素材、環境、境界に対する視線や態度の違いと共通点に着目します。
サプトラは、1998年のインドネシアにおける民主化の動きに呼応するような社会的、政治的な現代美術の潮流から距離をとり、作品がいかなるステートメントをも伝えるものではなく、ただそこに存在する物質であり、いかなる意義や目的にもとらわれないことを表明しています。本展にて展示する《根もなく、つぼみもないNo.12》は、ゴムで縛られた柔らかい袋状のものにも見え、巨大な植物の種子のように見えるかもしれません。しかしサプトラはそうした答えや意味を明示せず、観客ひとりひとりに感じ方やその解釈を委ねます。一方千葉は、自作の彫刻を含めた奇妙で不可思議な環境を実際にスタジオなどに構築し、それを絵画のモチーフとする手法で知られています。本展にて展示される《2013年のパワフルヤングボーイ》は、千葉が長年惹きつけられていた岩手県遠野市の「さすらい地蔵」を実際に訪ね、制作した作品です。当時のスケッチやメモ、絵画作品の詳細な計画を記したドローイングも初公開となります。

作品

ハンディウィルマン・サプトラ
《ホールディング・ベース・ビロウ・フック》
2011-2014年
アクリルにインク、顔料、サロン用布、ポリウタレン塗料仕上げ
220×135×25 cm
ハンディウィルマン・サプトラ
《根もなく、つぼみもないNo.12》
2011年
樹脂にアクリル、ポリウタレン塗料仕上げ、ガルバニ板、縒糸
150×150×150 cm
千葉正也
《2013年のパワフルヤングボーイ》
2013年
油彩、キャンバス
274×225 cm (2点組)
画像提供:シュウゴアーツ、東京
チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする

MAMコレクション006:物質と境界―ハンディウィルマン・サプトラ+千葉正也


写真・動画撮影に関する注意事項

「MAMコレクション006:物質と境界―ハンディウィルマン・サプトラ+千葉正也」では、以下の条件の範囲内で作品の撮影が可能です。

<撮影に際して>

  • 作品に触れないでください。
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
  • フラッシュの使用はご遠慮ください。
  • 三脚や自撮り棒の使用はご遠慮ください。
  • 映像作品の動画撮影は1分以内に限ります。

<撮影された写真・動画の利用に関して>

  • 撮影された作品写真/動画は、非営利目的でのみ利用できます。営利目的には利用できませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真/動画に変更を加えることはできません。
  • 上記作品写真の使用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で許諾されています。
  • 撮影した写真/動画をブログや写真共有サービスなどに利用する場合は、以下のとおり表示してください。

<表記例>

作家名/作品名:ハンディウィルマン・サプトラ《根もなく、つぼみもないNo.12》
この写真/動画は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

※ クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細や表示については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
※ 撮影された作品写真/動画に来館者が写っている場合、その写真/動画の公表にあたって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。


「MAMコレクション」とは?

日本を含むアジアの現代美術に焦点をあてた森美術館のコレクションは、現在、400点近くを数えます。「MAMコレクション」は、このコレクションを順次、多様なテーマに沿って紹介するシリーズです。ダイナミックな眺望とリビングルームのような空間で現代アートを楽しむ、美術館のモットー、「アート&ライフ」を体現したプログラムです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る