展覧会

MAMプロジェクト023:アガサ・ゴス=スネイプ

2017.2.4(土)~ 6.11(日)

「MAMプロジェクト023」は、シドニーを中心に国際的に活躍するアーティスト、アガサ・ゴス=スネイプ(1980年シドニー生まれ、在住)を紹介します。ゴス=スネイプは、即興的なパフォーマンスを中心に、パワーポイントを使用したスライドショー、参加型のワークショップ、テキスト、視覚的なスコア(譜面、指示書)など、様々な手法を用いて作品を発表しています。日本初の個展となる本展では、森美術館のモットーである「アート&ライフ」から着想を得たインスタレーションと、そこから発展した一連のパフォーマンスで構成される、新作《オー・ウィンドウ》を発表します。
ゴス=スネイプは、作品名にある「ウィンドウ」(窓)を、美術館の内側にある「アート」と美術館の外側にある「ライフ」の二つの領域をつなぐ場所として捉え、実際には窓のない展示空間にいくつもの仮想的な「窓」を作り出しています。アーティストと美術館スタッフとの会話や、六本木ヒルズの中で彼女が発見したモノ、コトをモチーフとし、グラフィックや映像などから成り立つこれらの「窓」を覗くと、モノやコトの本来の役割や機能とは異なる、「アート」の文脈で捉えた新たな景色が立ち現われてくるでしょう。
会期中に行われるパフォーマンスは、美術館の中だけでなく六本木ヒルズ全体を舞台に展開されます。インスタレーションとパフォーマンスが呼応し合うことで、「窓」は少しずつその領域を広げていきます。
さらに今回のプロジェクトでゴス=スネイプは、他のアーティストとさまざまなコラボレーションを展開します。ギャラリー内に展示される映像作品の多くは、映像を中心にインスタレーションやパフォーマンス作品を制作する津田道子との協働によって制作されました。また、4月から5月にかけてゴス=スネイプが東京に長期滞在し実施する一連のパフォーマンスでも、他のアーティストとのコラボレーションが行われます。

アガサ・ゴス=スネイプ 《まだら日光が領域を塗りつぶす》 (インスタレーション作品《オー・ウィンドウ》より)
アガサ・ゴス=スネイプ
《まだら日光が領域を塗りつぶす》
(インスタレーション作品《オー・ウィンドウ》より)
2017年
デジタル・プリント、紙
30×21cm
画像提供:The Commercial Gallery, Sydney
アガサ・ゴス=スネイプ、津田道子 《幻のようなうねりをまつ》のための習作
アガサ・ゴス=スネイプ、津田道子
《幻のようなうねりをまつ》のための習作
2017年

アガサ・ゴス= スネイプ
撮影:Aimee Crouch

アガサ・ゴス= スネイプ

1980年シドニー生まれ、在住。2011年シドニー大学視覚芸術学部修士課程修了。近年の主な個展に「あいまいなメディウム」ザ・コマーシャル・ギャラリー、シドニー、「修辞学的コーラス(LW)」パフォーマ15、ニューヨーク(2015年)、「フリー・スピーキング」ガートルード・コンテンポラリー、メルボルン(2014年)、「テイキング・フォーム」ニューサウスウェールズ州立美術館、シドニー(2013年)など。主な国際展に第20回シドニー・ビエンナーレ(2016年)、第8回ベルリン・ビエンナーレ(2014年)などがある。

チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする

MAMプロジェクト023:アガサ・ゴス= スネイプ


写真撮影に関する注意事項

「MAMプロジェクト023:アガサ・ゴス=スネイプ」では、下記の条件の範囲内で作品の写真撮影が可能です。

<写真撮影に際して>

  • 作品に触れないでください。
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
  • フラッシュの使用はご遠慮ください。
  • 三脚や自撮り棒の使用はご遠慮ください。
  • 動画撮影は禁止です。

<撮影された写真の利用に関して>

  • 撮影された作品写真は、非営利目的でのみ利用できます。営利目的には利用できませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真に変更を加えることはできません。
  • 上記作品写真の使用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で許諾されています。
  • 撮影した写真をブログや写真共有サービスなどに利用する場合は、以下のとおり表示してください。

<表記例>

作家名/作品名:アガサ・ゴス=スネイプ 《修辞学的コーラス(LW)》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

※ クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細や表示については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
※ 撮影された作品写真に来館者が写っている場合、その写真の公表にあたって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。


「MAMプロジェクト」とは?

MAMプロジェクトは森美術館が世界各地のアーティストと実験的なプロジェクトを行うシリーズです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る