展覧会

MAMプロジェクト024:デイン・ミッチェル

2017.11.18(土)~ 2018.4.1(日)

デイン・ミッチェル(1976年生まれ)は、不可視の領域におけるエネルギーや力学について、芸術的、科学的、歴史的な観点から多様なリサーチを行っています。そこでは視覚と嗅覚の関係性がしばしば意識されますが、不可視の領域や記憶の古層にわれわれの意識を誘う「香り」を、彼は重要な“彫刻的素材”として捉えています。本展では、伝統的な香の世界から香料の最新技術まで、日本滞在中の多角的なリサーチから生まれた新作《アイリス、アイリス、アイリス》を発表します。「アイリス(Iris)」という単語が、アヤメ属の植物、眼球の虹彩、カメラの絞り部分、ギリシャ神話の虹の女神イリスなどさまざまな意味を持つこと、線香が時計としての機能も担っていたこと、長年使われた道具などに付喪神(つくもがみ)が宿ることなど、多岐にわたる彼の関心がひとつのインスタレーションにまとめられます。日本の歴史や文化としての香りと、科学的な分子としての香りの双方が、私たちの認識や諸感覚に新たな刺激を与えてくれることでしょう。

デイン・ミッチェル
《アイリス、アイリス、アイリス》(部分)
2017年
デジタル・プリント、ハボタイ・シルク
130×140 cm
Courtesy: Hopkinson Mossman, Auckland & Christopher Grimes, Los Angeles
《アイリス、アイリス、アイリス》のための高砂香料工業株式会社における調査の様子
撮影:デイン・ミッチェル
線香製造の様子
画像提供:香老舗 松栄堂

デイン・ミッチェル
撮影: Babiche Martens

デイン・ミッチェル

1976年、ニュージーランド、オークランド市生まれ。2012年にオークランド工科大学にて哲学系修士号を取得。2009年から2010年は、ドイツ学術交流会(DAAD)の奨学金を受けてベルリン在住。シドニー・ビエンナーレ(2016年)、光州ビエンナーレ(2012年)、リバプール・ビエンナーレ(2012年)、シンガポール・ビエンナーレ(2011年)など数々の国際展に参加する傍ら、世界各地で個展を開催。オークランド在住。第58回ベネチア・ビエンナーレ(2019年)ニュージーランド代表。

チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする

MAMプロジェクト024:デイン・ミッチェル


写真・動画撮影に関する注意事項

「MAMプロジェクト024:デイン・ミッチェル」では、以下の条件の範囲内で作品の撮影が可能です。

<撮影に際して>

  • 作品に触れないでください。
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
  • フラッシュの使用はご遠慮ください。
  • 三脚や自撮り棒の使用はご遠慮ください。
  • 映像作品の動画撮影は1分以内に限ります。

<撮影された写真・動画の利用に関して>

  • 撮影された作品写真/動画は、非営利目的でのみ利用できます。営利目的には利用できませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真/動画に変更を加えることはできません。
  • 上記作品写真の使用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で許諾されています。
  • 撮影した写真/動画をブログや写真共有サービスなどに利用する場合は、以下のとおり表示してください。

<表記例>

作家名/作品名:デイン・ミッチェル《アイリス、アイリス、アイリス》
この写真/動画は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

※ クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細や表示については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
※ 撮影された作品写真/動画に来館者が写っている場合、その写真/動画の公表にあたって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。


「MAMプロジェクト」とは?

MAMプロジェクトは森美術館が世界各地のアーティストと実験的なプロジェクトを行うシリーズです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る