EXHIBITION-RELATED PROGRAMS

シンポジウム、レクチャー、ギャラリートーク、アーティストトークなど

森美術館「カタストロフと美術のちから展」
プレ・ディスカッション・シリーズ 第2回
「写真や映像で惨事を表現すること:記録、芸術性、モラル」

日本語のみ

*申し込み終了
日本語のみ

写真や映像で惨事を記録・公開することは、出来事を世の中に広く知らしめ、議論を促し、復興や問題解決のきっかけとなることがあります。一方で被災者や犠牲者を慮るとき、ショッキングなイメージを公開・展示する行為の正当性、或いは美術の特性としての「美」は、道徳的観点からはどのように捉えられるのでしょうか。

本ディスカッションでは、惨事を被写体にした作品を制作するアーティストと研究者らを迎え、写真や映像という記録媒体の特性や、惨事の表象にみられる記録的価値や社会的意義、モラル、芸術性などについて議論を深めます。

日時
2017.9.29(金) 18:00~21:00(開場 17:30)
出演
藤井 光(アーティスト)、畠山直哉(写真家)、星野 太(金沢美術工芸大学講師(美学))、佐々木加奈子(東北大学研究員、アーティスト)
モデレーター
近藤健一(森美術館キュレーター)
主催
森美術館
協力
六本木アートカレッジ
藤井 光
畠山直哉
星野 太
© 種子貴之
佐々木加奈子

シリーズ第1回のレポートはこちら

お申し込みについて

  • 出演者は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、お問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意のうえ、お申し込みください。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
  • お申し込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
  • お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールマガジン」を送信させていただきます。
申込期間
2017.9.5 ~ 9.28
会場
アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
定員
120名(要予約)
料金
無料
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
Tel:03-6406-6101(月~金 11:00~17:00)
メールでのお問い合わせ
カテゴリー
展覧会関連
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る