アージェント・トーク033:
リサーチ・ベースによる作品制作の今-アーカスプロジェクトのレジデント・アーティストを迎えて

日英同時通訳付

*申し込み終了
日英同時通訳付

今日、現代美術の世界では、アーティストがリサーチを行いその結果を基に作品を制作する、いわゆる「リサーチ・ベース」による作品制作が1つの潮流となっています。リサーチの対象は美術の分野以外にも、天文学、地質学、民俗学、経済の結びつきや消費動向まで、非常に多岐に渡ります。今日、インターネットの発達により、このような幅広い分野での時としてニッチな主題のリサーチが可能になり、「リサーチ・ベース」の作品が急増しているのでしょう。
このような現代美術のアーティストが行うリサーチは、それぞれの分野での専門家や研究者が行うリサーチや大学など高等教育機関での研究とどのように異なるのでしょうか。また、その成果物としての作品の形態はインスタレーション、テキスト、サウンド、レクチャー・パフォーマンスとバラエティに富んでいますが、これらは従来の美術作品とどのような違いがあるのでしょうか。
本プログラムでは、アーカスプロジェクト主催のアーティスト・イン・レジデンスに参加し、今年8月末から茨城県守谷市に滞在して日本に関するリサーチを行ってきた3組のアーティストが登壇。彼らのリサーチ主題の選定や作品制作の実践について発表を行い、今日における「リサーチ・ベース」の作品制作の特徴や意義について考察します。

日時
2017.12.4(月)19:00~21:00 (受付開始 18:30)
出演
フリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥムーン(アーティスト)、ダニエル・ニコラエ・ジャモ(アーティスト)、カーティス・タム(アーティスト)
モデレーター
近藤健一(森美術館キュレーター)
主催
森美術館、アーカスプロジェクト実行委員会
写真:加藤甫
提供:アーカスプロジェクト実行委員会
フリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥムーン
ダニエル・ニコラエ・ジャモ
撮影: Berlinale
カーティス・タム
撮影 : Colin Conces

お申し込みについて

  • 出演者は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、お問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意のうえ、お申し込みください。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
  • お申し込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
  • お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールマガジン」を送信させていただきます。

参加する

参加する

申込期間
2017.11.6 ~ 12.1
会場
森美術館オーディトリアム
定員
80名(要予約)
料金
無料(ただし、当日有効の森美術館の展覧会チケットが必要です)
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
Tel:03-6406-6101(月~金 11:00~17:00)
メールでのお問い合わせ
カテゴリー
アージェントトーク
対象
一般
タグ

参加する

  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る