サイトマップ 日本語 English
森美術館トップページ
ニュース
展覧会一覧
イベントカレンダー
森美術館メンバーシップ
アクセス・ご利用案内
パブリックプログラム
アージェント・トーク
六本木アートカレッジ
年間パスポート
六本木アート・トライアングル
ミュージアムリンク・パス
ぐるっとパス
ミュージアムショップ
刊行物
音声/動画コンテンツ
森美術館公式ブログ
flickr
YouTube
USTREAM
App コレクション
MAM POP-UP
メールマガジン
Twitter
Facebook
Instagram
森美術館とは
採用情報
サイトマップ
クレジット/利用条件
プライバシーポリシー
お問い合わせ
プレス窓口
森美術館とは
組織
森 稔、森 佳子
森 稔、森 佳子
森美術館へようこそ

私たちは都市再開発の新しいモデルとして「六本木ヒルズ」を構想した当初からその最も重要なコンセプトを「文化都心」と位置付けました。そして、人びとが同時代の文化を体験し、検証することができる現代アートの美術館をその中心にすえ2003年10月、東京のどこからでも見える森タワーの最上層に開館いたしました。

森美術館は来館者がいつでも楽しみ、刺激を受け、そして対話が生まれる場所でありたいと、展覧会開催中は休館日なしで夜遅くまで開館しています。また、あらゆる年齢、地域、国々の人びとに開かれた美術館であることをめざしています。展覧会のみならず様々なパブリックプログラム(教育普及活動)を通じて、私たちの文化や社会における新たな問題をオープンに話しあう場所であってほしいと考え、多様な企画を実施して参りました。
そして、日本とアジアの若いアーティストにより良い作品発表の機会を提供し、活躍の場を与えることも一つの重要な役割と考えています。

開館以来森美術館は、テーマ性をもった独自の切り口で多彩な企画展を開催し、一般のお客様のみならず専門家からも高い評価をいただいて参りました。これからも都心の文化発信地として多くの皆様にアートに親しんでいただく場をつくっていきます。私たちは、森美術館が、東京、日本、アジア、そして世界の文化の大きな拠点であることを願ってやみません。
森 稔    森美術館 創立者
森 佳子    森美術館 理事長
photos copyright
Homma Takashi
PAGE TOP
南條史生
館長
南條史生
撮影:名和真紀子
南條史生(なんじょう・ふみお) 森美術館館長

2006年11月森美術館館長就任。国際交流基金(1978年〜1986年)、ICA ナゴヤ・ディレクター(1986年〜1990年)、ナンジョウアンドアソシエイツ(株)(1990年〜2002年)を経て2002年4月開館準備室より森美術館副館長。これまでの主なプロジェクトとして、第47回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー(1997年)、台北ビエンナーレコミッショナー(1998年)、ターナー・プライズ審査委員(1998年)、第3 回アジアーパシフィック・トリエンナーレ(オーストラリア)コ・キュレーター、シドニー・ビエンナーレ国際選考委員(2000年)、ハノーバー国際博覧会日本館展示専門家(2000年)、横浜トリエンナーレ2001アーティスティック・ディレクター(2001年)、第51回ヴェネツィア・ビエンナーレ金獅子賞審査委員(2005年)、第1回シンガポール・ビエンナーレ アーティスティック・ディレクター(2006年)等を歴任。

様々な大型のパブリックアート計画、コーポレートアート計画のディレクションを長年にわたり行う。著書「美術から都市へ〜インディペンデントキュレーター 15年の軌跡〜」(鹿島出版会、1997年)にてキュレーターとしての様々な経験を発表。慶應義塾大学講師として「アートマネジメント」講座を担当。AICA(国際美術評論家連盟)副会長、 CIMAM(国際美術館会議)理事ほか、各種財団・基金等の選考委員、審査委員、自治体等によるアーティスト・イン・レジデンスプロジェクトへのアドバイザーとしても活動。

1949年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部、文学部哲学科美学美術史学専攻卒業。
  PAGE TOP
  森美術館インターナショナル・アドバイザリー・
コミッティー
  森美術館は、国際的なネットワークの構築のため、森美術館インターナショナル・アドバイザリー・コミッティー(IAC)を1999年9月に設置しました。世界を代表する美術館館長をメンバーに迎え、森美術館の国際活動、巡回展企画、人的交流などのアドバイスを受けています。
  森美術館インターナショナル・アドバイザリー・コミッティー
メンバー

※姓のアルファベット順

ベルナール・ブリステン
ポンピドゥー・センター国立近代美術館館長(フランス、パリ)

マニュエル・ホセ・ボルハ=ヴィレル
レイナ・ソフィア国立美術館館長(スペイン、マドリッド)

ラーナ・デヴェンポート
オークランド美術館館長(ニュージーランド、オークランド)

グレン・ラウリィ
ニューヨーク近代美術館館長(米国、ニューヨーク)

ニコラス・セロータ
テート館長(英国)

高階秀爾
大原美術館館長(日本、倉敷)

ユージン・タン
シンガポール国立美術館館長(シンガポール)

フィリップ・ヴェルニュ
ロサンゼルス現代美術館館長(米国、ロサンゼルス)

名誉メンバー
デヴィッド・エリオット
森美術館初代館長


(2015年7月現在)
PAGE TOP
戻る
MORI ART MUSEUM