イベント

トークセッション

「知と宇宙観をめぐる旅」  ※日英同時通訳付

天動説が主流であり、望遠鏡のない時代、レオナルド・ダ・ヴィンチがすでに天文学に興味を抱いていたことを、本展に出展されるアトランティコ手稿から知ることができます。アトランティコ手稿を所蔵するアンブロジアーナ図書館・絵画館のアルベルト・ロッカ氏にその来歴について伺うとともに、科学の貴重な初版本を所蔵し、研究する金沢工業大学ライブラリーセンターの竺覚暁氏を迎え、宇宙科学が発達する以前の宇宙観について語り合います。

  • 出演:アルベルト・ロッカ(アンブロジアーナ図書館・絵画館館長)/竺 覚暁(金沢工業大学ライブラリーセンター館長)
  • モデレーター:南條史生(森美術館館長)
  • 日時:2016年7月30日(土) 14:00-16:00(開場:13:30)
  • 会場:森美術館オーディトリアム
  • 定員:80名(要予約)
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み:終了いたしました
左から)アルベルト・ロッカ/竺 覚暁

アーティストトーク

アーティストトーク  ※日英逐次通訳付

出展アーティストが、展示室内で自作と宇宙との関係性について語ります。

  • 出演:ビョーン・ダーレム/コンラッド・ショウクロス/セミコンダクター/ジア・アイリ(贾蔼力)/パトリシア・ピッチニーニ/マリア・グルズデヴァ
  • 日時:2016年7月30日(土) 18:00-20:00 (受付開始:17:45)
  • 会場:森美術館展示室内
  • 定員:30名(要予約)
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み:終了いたしました

※本プログラムは当初のご案内から会場・定員数が変更になりました。ご確認の上お申し込みください。

左上から)セミコンダクター/ビョーン・ダーレム/コンラッド・ショウクロス/ジア・アイリ(贾蔼力)/パトリシア・ピッチニーニ 撮影:Alli Oughtred/マリア・グルズデヴァ

アーティストトーク&スクリーニング ※日英同時通訳付

「宇宙と芸術展」のメイン・ヴィジュアル《ザ・クローラー》を制作した世界的なアーティスト、トム・サックスによるアーティストトーク&作品上映会を急きょ開催決定!トム・サックスが、自身の活動と宇宙との関係性や出展作品について語り、長編映像作品《A Space Program(ア・スペース・プログラム)》(2014年)を上映します。

  • 出演:トム・サックス(アーティスト)
  • 日時:2016年10月21日(金)20:00-22:00 (開場:19:30)
  • 会場:森美術館オーディトリアム
  • 定員:80名(要予約)
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み終了いたしました

【タイムスケジュール】

20:00-20:45 :アーティストトーク開始
20:50-22:00 :《A Space Program》(2014年、約70分)上映
22:00 :終了

※映像作品は全篇英語となります。日本語字幕が付いておりませんので、あらかじめご了承の上お申し込みください。 →日本語字幕付き映像の上映が可能になりました。

トム・サックス

シンポジウム

「科学者と読み解く『宇宙と芸術展』」  ※日英同時通訳、手話同時通訳付

宇宙時代に突入した現代、人と宇宙の関係は大きく変化しています。これにより、宇宙とはなにか、芸術とはなにかという問いにも新たな視点が求められてくることでしょう。人はどのように宇宙を認識し、芸術はどのように変貌していくのでしょうか。宇宙工学、天文学の専門家、アーティストを迎え、本展をそれぞれの視点から読み解きます。

  • 出演:的川泰宣(宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授)/渡部潤一(国立天文台副台長・教授)/野村 仁(アーティスト)/猪子寿之(チームラボ代表)
  • モデレーター:南條史生(森美術館館長)
  • 日時:2016年8月20日(土) 14:00–16:00(開場:13:30)
  • 会場:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
  • 定員:300名(要予約)
  • 料金:一般3,500円、MAMCメンバー無料
    ※当日プログラム参加者の方に展覧会チケット1枚を差し上げます。
  • 主催:森美術館、アカデミーヒルズ
  • お申し込み:終了いたしました
  • ※手話同時通訳のご利用をご希望の方は、2016年8月11日(木)までに、ppevent-mam@mori.co.jpへご連絡ください。
左から)的川泰宣/渡部潤一/野村 仁  協力:JAXA/猪子寿之

トークセッション

「芸術のなかの宇宙観」   ※日本語のみ

仏教の世界観を描いた曼荼羅図は、宇宙の真理を表わすとも言われます。仏教絵画史の専門家である泉武夫氏、空海から現代アートまで造詣の深い篠原資明氏を迎え、お話をうかがうと共に、そのミニマルな作品が現代の曼荼羅を想わせる向山喜章氏、神秘思想などを自身の体験に基づいて表現する前田征紀氏を交え、時代を超えて人の心に宿る宇宙観と芸術について語り合います。

  • 出演:泉 武夫(東北大学大学院文学研究科教授)/篠原資明(高松市美術館館長、京都大学名誉教授)/向山喜章(アーティスト)/前田征紀(アーティスト)
  • モデレーター:椿 玲子(森美術館アソシエイト・キュレーター)
  • 日時:2016年10月4日(火) 19:00-21:00(受付開始:18:30)
  • 会場:森美術館オーディトリアム
  • 定員:80名(要予約)
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み:終了いたしました
    ※森美術館は17:00で終了し、18:30よりお申し込みいただいた方のみに再オープンします。
左から)泉 武夫/篠原資明/向山喜章/前田征紀  撮影:Homma Takashi

「森美術館×六本木天文クラブ」コラボレーション 小中学生プログラム

サマーナイト・ミュージアム
宇宙と芸術展星空をみよう!」  ※日本語のみ

夜の森美術館を貸し切り、「宇宙と芸術展」を美術館スタッフと一緒に鑑賞して、星に関する専門家から話を聞いたあと、森タワーの屋上スカイデッキから星空を観察します。夜のミュージアムで、宇宙のふしぎと芸術について想いをはせてみませんか?

  • 出演:高梨直紘(東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム特任准教授/天文学普及プロジェクト「天プラ」代表)
  • 日時:2016年8月9日(火) 18:00-21:00(受付開始:17:30)
  • 会場:森美術館オーディトリアム、東京シティビュー「スカイデッキ」
  • 対象:小学生~中学生
  • 定員:40名(要予約、抽選)
  • 料金:無料(要展覧会チケット及びスカイデッキ入場料)
    ※星空の観察は天候により中止の可能性があります。その場合、スカイデッキ入場料(大人500円、小学生300円)は不要です。
    ※夜のプログラムとなりますので、保護者同伴でご参加ください。
  • お申し込み終了いたしました
    ※申込期間:2016年7月5日(火)-7月19日(火)
    ※抽選結果は2016年7月20日(水)-7月22日(金)にメールにてご連絡いたします。
イメージ写真:「子どもキャプション・プロジェクト」(「ゴー・ビトゥイーンズ展」2014年)
撮影:御厨慎一郎

星のおはなしとワークショップ「天体望遠鏡をつくろう」  ※日本語のみ

「宇宙と芸術展」を鑑賞して、月のクレーターや土星のリングも見える本格派天体望遠鏡をつくります。組み立てから使い方、星空の見どころまでを天文の専門家がわかりやすく教えます。

  • 日時:2016年8月26日(金)17:00-20:00(開場:16:30)
  • 会場:森美術館オーディトリアム、東京シティビュー「スカイデッキ」
  • 対象:小学生~中学生
  • 定員:40名(要予約、抽選)
  • 料金:3,000円(材料費) ※別途、展覧会チケット及びスカイデッキ入場料が必要です。
    ※星空の観察は天候により中止の可能性があります。その場合、スカイデッキ入場料(大人500円、小学生300円)は不要です。
    ※夜のプログラムとなりますので、保護者同伴でご参加ください。
  • 監修:天文学普及プロジェクト「天プラ」
  • お申し込み:終了いたしました
    ※申込期間:2016年7月20日(水)-8月2日(火)
    ※抽選結果は2016年8月3日(水)-8月5日(金)にメールにてご連絡いたします。

JAXAタウンミーティング in 森美術館

「宇宙探査の最前線―人々を魅了し続けた宇宙の「今」に迫る―」 ※日本語のみ

人々を惹きつけ、魅了してきた宇宙。その影響は、科学技術の進歩だけでなく、アートや宗教など様々なフィールドに及んでいます。人々が憧れ、見上げる存在だった宇宙は、今やそこへ行くことが可能な時代になりました。「宇宙と芸術展」の紹介も交えながら、宇宙のフロンティアに挑み続ける探査を通じ、なぜ人々は宇宙を目指すのか、宇宙の「今」に迫ります。

  • 出演:川口淳一郎(シニアフェロー、宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 教授)、椿 玲子(森美術館アソシエイト・キュレーター)
  • 進行コーディネーター:庄司義和(JAXA広報部長)
  • 日時:2016年11月8日(火)19:00-20:30(受付開始:18:30)
  • 会場:森美術館オーディトリアム
  • 対象:高校生以上
  • 定員:80名(要予約)
  • 料金:無料
  • 主催:森美術館、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
  • お申し込み:終了いたしました
    ※森美術館は17:00で終了し、18:30よりお申し込みいただいた方のみに再オープンします。
    ※プログラム終了後20:30より22:00までの間、貸切りにて本展をご鑑賞いただけます。本展の鑑賞を希望する方は、展覧会鑑賞料金[一般1,600円 学生(高校生・大学生)1,100円 子供(4歳~中学生)600円]を申し受けます。
    ※お知らせ:本プログラムの出演者は、國中 均(JAXA宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系教授、JAXA宇宙探査イノベーションハブ ハブ長)から変更になりました。ご了承ください。
川口淳一郎
川口淳一郎
  • JAXAタウンミーティングとは
    宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、一般の皆様と宇宙・航空の研究開発について語り合う意見交換の場です。出席される方は1人1人が意見を自由に述べることもでき、JAXAからも意見を出していきます。このような意見のやりとりの積み重ねによって、将来の宇宙開発や宇宙科学研究、航空技術開発につながるアイデアや方針ができていくことを願い、過去120回以上にわたり開催されているイベントです。
    詳しくはこちら

森美術館×日本フィルハーモニー交響楽団 音楽ワークショップ EYES & EARS

Vol. 1 「宙(そら)・時+音 Space-Time and Sound」 ※日英逐次通訳付

夜の美術館で、本展の出展作品に向き合い、宇宙への想いを膨らませながら、アートと音楽への旅に出かけませんか。現代音楽の作曲家、湯浅譲二にとって音や時間、宇宙空間の探究は、その実験的な音楽活動の核心でした。イメージと音と宇宙のつながりを探る予想外のアプローチで、実際に楽器に触れながら、未知の体験をお楽しみください。

  • 講師:マイケル・スペンサー(日本フィルハーモニー交響楽団コミュニケーション・ディレクター)、日本フィルハーモニー交響楽団ファシリテーター
  • 日時:2016年11月22日(火)18:30-21:30(受付開始:18:00)
  • 会場:森美術館展示室内
  • 対象:高校生以上
  • 定員:40名(要予約、抽選)
  • 料金:高校生以上2,000円、MAMCメンバー、日本フィル東京定期会員無料
  • 主催:森美術館、公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団
  • お申し込み:終了いたしました
  • 申込締切:2016年10月25日(火)
    ※抽選結果は10月26日(水)ー10月28日(金)にメールにてご連絡します。
  • ※美術館は17:00で終了し、18:00よりお申し込みいただいた方のみに再オープンします。
    ※本プログラムは、日本フィルハーモニー交響楽団第686回東京定期演奏会<秋季>[12月9日(金)、10日(土)]との連携企画です。詳しくはこちら
マイケル・スペンサー
マイケル・スペンサー

六本木アートカレッジ・セミナー
シリーズ「大人が知りたい宇宙の話」

「宇宙と芸術展」がアカデミーヒルズとコラボ!2回シリーズでセミナーを開催します。子どもの頃から知っている物語の宇宙観や死生観、地球と月と生命誕生の秘密、ビジネスにも通じる宇宙開発の話といった、大人が聞いて新たな発見・気付きのあるテーマをお送りします。

第1回 かぐや姫は宇宙人なのか?~月を見て地球を知ろう~
第2回 宇宙エレベーターで旅する未来~星新一賞受賞者が語る、宇宙開発の最前線~

かぐや姫は宇宙人なのか?~月を見て地球を知ろう~

「宇宙」「地球」「月」、そして「人間」と「生と死」。見えないもの、わからないことを、人々はどのように文学や科学で表現、認識し、また謎を解き明かそうとしてきたのでしょうか。そこに共通点はあるのでしょうか。
シリーズ第1回は、平安時代の物語の研究者である小嶋菜温子氏が、『竹取物語』等古典の宇宙観、死生観について語ります。また、宇宙に行くよりも難しいといわれる地球深部の謎を探り、生命の誕生について解き明かそうとする研究の第一人者である東京工業大学 地球生命研究所所長、廣瀬敬氏に、地球と月からわかる生命の誕生についてお話をうかがいます。

  • 出演:小嶋菜温子(立教大学文学部教授)/廣瀬 敬(東京工業大学 地球生命研究所所長・教授)
  • 日時:2016年11月24日(木)19:00-20:30(開場:18:30)
  • 会場:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
  • 定員:150名(要予約)
  • 料金:3,500円
    ※「宇宙と芸術展」チケット進呈。当日受付にてお渡しします。
  • 主催:アカデミーヒルズ
  • 協力:森美術館
  • 協賛:株式会社大林組
  • お申し込みこちら
左から)小嶋菜温子、廣瀬 敬
左から)小嶋菜温子、廣瀬 敬

宇宙エレベーターで旅する未来~星新一賞受賞者が語る、宇宙開発の最前線~

ガンダムや銀河英雄伝説などの作品にも登場してきた夢の乗り物、宇宙エレベーター。カーボンナノチューブという素材の登場により、SFの世界ではなく、実現への光が見え始めています。シリーズ第2回では、前半で宇宙エレベーターの研究者であり、宇宙エレベーターを題材にした作品で、文学賞「第3回星新一賞」を受賞した佐藤実氏が宇宙旅行の最新コンセプトを語ります。後半では、宇宙エレベーター協会技術開発委員長フェローの青木義男氏が、宇宙開発技術とビジネスの最前線を紹介します。

  • 出演:佐藤 実(東海大学理学部/清水教養教育センター講師)/青木義男(日本大学理工学部精密機械工学科学部次長・教授)
  • 日時:2016年12月6日(火)19:00-20:30(開場:18:30)
  • 会場:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
  • 定員:150名(要予約)
  • 料金:3,500円
    ※「宇宙と芸術展」チケット進呈。当日受付にてお渡しします。
  • 主催:アカデミーヒルズ
  • 協力:森美術館
  • 協賛:株式会社大林組
  • お申し込みこちら
左から)佐藤 実、青木義男
左から)佐藤 実、青木義男

ギャラリートーク

キュレーターによるギャラリートーク ※日本語のみ

本展担当キュレーターが、展示室内でツアー形式のトークを行います。

  • 9月21日のギャラリートークに、森万里子さんが登場!
    本展出展アーティストで、リオオリンピック・パラリンピックの公式文化プログラムとして発表した新作《Ring: One with Nature(リング・自然とひとつに)》が注目の森万里子さんが、急遽トークに出演することが決定!
  • 出演:椿 玲子(森美術館アソシエイト・キュレーター)
  • 特別出演:森 万里子(9月21日のみ)
  • 日時2016年8月10日(水) 19:00-20:00
    2016年9月21日(水) 19:00-20:00
    2016年10月22日(土) 20:00-21:00
  • 会場:森美術館展示室内
  • 定員:各回30名
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み:不要(当日先着順、展覧会場入口にお集まりください)

ギャラリートーク ※日本語のみ

森美術館スタッフが、展示室内でツアー形式のトークを行います。

  • 日時2016年8月31日(水)14:00-15:00
    2016年11月2日(水) 19:00-20:00
    2016年11月30日(水) 14:00-15:00
    2016年12月14日(水) 19:00-20:00
  • 会場:森美術館展示室内
  • 定員:各回15名
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み:不要(当日先着順、展覧会場入口にお集まりください)

英語によるギャラリートーク ※英語のみ

森美術館スタッフが、展示室内でツアー形式のトークを行います。

  • 日時:2016年10月12日(水) 19:00-20:00
  • 会場:森美術館展示室内
  • 定員:15名
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み:不要(当日先着順、展覧会場入口にお集まりください)
イメージ写真:ギャラリートーク風景(「ディン・Q・レ展」2015年)
撮影:御厨慎一郎

ファミリープログラム

おやこでアート ファミリーアワー ※日本語のみ

0歳から6歳のお子さまと一緒に、森美術館へ出かけませんか?開館前の美術館を貸し切り、小さなお子さまと安心してご鑑賞いただけます。現在妊娠中のプレママもご参加いただけます。ご家族との週末の楽しみに、子どもたちとの交流に、子育ての情報交換に、「宇宙と芸術展」を楽しみながらそれぞれにお過ごしください。

  • 第1回
  • 日時:2016年10月1日(土)9:30-10:30
  • 会場:森美術館展示室内
  • 対象:未就学児(0~6歳)とそのご家族、現在妊娠中の方とそのご家族
  • 定員:80組(要予約)
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み終了いたしました
  • 第2回
  • 日時:2016年11月26日(土)9:30-10:30
  • 会場:森美術館展示室内
  • 対象:未就学児(0~6歳)とそのご家族、現在妊娠中の方とそのご家族
  • 定員:80組(要予約)
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み終了いたしました

※ベビーカーや抱っこひもで赤ちゃんと一緒に自由にご鑑賞ください。
※9:35、9:55より、美術館スタッフが展示室内でいくつかの作品をご紹介します。参加をご希望の方は展示室入口にお集まりください。
※10:00より一般のお客様も入館します。ご了承ください。

アクセスプログラム

耳でみるアート ※日本語のみ

視覚に障がいがある方を対象とした、スタッフとの対話を通して作品を楽しむツアーです。
本プログラムは見える見えないにかかわらず、どなたでもご参加いただけます。

  • 日時:2016年12月3日(土)10:30-12:00
  • 会場:森美術館展示室内
  • 対象:一般
  • 定員:10名(要予約)
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込みこちら

手話ツアー ※日本語のみ

手話と言葉で展覧会を楽しむツアーです。手話をお使いにならない方も気軽にご参加ください。

  • 第1回
  • 日時:2016年9月9日(金)19:00-20:00
  • 会場:森美術館展示室内
  • 対象:一般
  • 定員:10名(要予約)
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み終了いたしました
  • 第2回
  • 日時:2016年12月3日(土)15:00-16:00
  • 会場:森美術館展示室内
  • 対象:一般
  • 定員:10名(要予約)
  • 料金:無料(要展覧会チケット)
  • お申し込み終了いたしました

イメージ写真:手話ツアー風景
(「ゴー・ビトゥイーンズ展」2014年)
撮影:御厨慎一郎

学校プログラム

学校と美術館のためのプログラム ※日本語のみ

展覧会の紹介とともに、アートと子どもたちの学びについて先生と美術館スタッフがディスカッションします。中世の天文学資料から現代アートまで幅広く紹介する本展から、どのような好奇心を育むことができるでしょうか。図工や美術のみならず、他教科の先生もぜひご参加ください。

  • 日時:2016年9月21日(水)19:00-21:30
  • スケジュール
    19:00-20:00 「キュレーターによるギャラリートーク」に参加
    20:00-21:30 ディスカッション
  • 会場:森美術館
  • 対象:保育園、幼稚園、小・中学校、高校、大学、専門学校の先生
  • 定員:15名程度(要予約)
  • 料金:無料
  • お申し込み終了いたしました

イメージ写真:学校と美術館のためのプログラム風景
(「ディン・Q・レ展」2015年)
撮影:御厨慎一郎

とびだす学校ツアー ※日本語のみ

作品鑑賞を子どもたちや学生たちの学びに取り入れてみませんか?
授業などの一環として展覧会をご覧いただくツアーです。希望日の4週間前までに下記へお問い合わせください。事前に先生とご相談のうえ、日程や内容を決定します。

  • 対象:保育園、幼稚園、小・中学校・高校、大学、専門学校
  • 人数:1回50名まで(ギャラリートークの場合)
    ※それ以上の人数はガイダンスやレクチャー形式などでご相談に応じます。
  • 料金
    幼稚園、保育園、小学校、中学校:プログラム費無料、入館料無料
    高等学校:プログラム費無料、入館料1人500円
    大学、専門学校:プログラム費無料、入館料1人1,000円
    ※引率者はいずれも無料

注意事項:
※会場混雑やスケジュール等の事情により、ご希望に沿えない場合もあります。ご了承ください。
※館内には昼食をとる場所はありません。

  • お問い合わせ
  • 電話、FAXまたはメールにて下記項目をお知らせください。
  • ・学校名、学年、人数、ご連絡先
  • ・ご希望の来館日時(複数の候補日をお知らせください)
  • 森美術館パブリックプログラム
    電話:03-6406-6101(月-金11:00-17:00) FAX:03‐6406‐9351
    e-mailppevent-mam@mori.co.jp

KIDS' WORKSHOP 2016「MIRAI SUMMER CAMP」

AgIC×森美術館「電気回路が描ける不思議なペンでオリジナルの星座を作ってみよう!」 ※日本語のみ(一部英語対応可)

紙に線を書くだけで電気回路になる不思議なペン。紙の上で回路をつなぎながら、実際の星図をもとにLEDライトで新しいオリジナルの星座を夜空に光らせてみよう。あなたの星座にストーリーも作って夜には天体観察に出かけてみては?展覧会紹介のほか、天文学普及プロジェクト「天プラ」代表高梨直紘さんから星座の成り立ちや、本展に展示されている天文図などの解説もあります。

  • 出演:高梨直紘(東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム特任准教授/天文学普及プロジェクト「天プラ」代表)、杉本雅明(AgIC取締役)、椿 玲子(森美術館アソシエイト・キュレーター)
  • 日時:2016年8月2日(火)10:30-13:30
  • 会場:六本木ヒルズ森タワー8階 ※一部告知物から開催場所が変更になっております。
  • 対象:10歳~15歳(小学生は保護者同伴必要)
  • 定員:40名(要予約、抽選)
  • 料金:2,200円
  • お申し込みこちら
    ※申込期間:2016年7月5日(火)-7月19日(火)
    ※抽選結果は2016年7月20日(水)-7月22日(金)にメールにてご連絡いたします。
本プログラムに関する問い合わせ先

キッズワークショップ事務局(11:00~19:00[日・祝除く])
電話:03-3591-9666

MAMCメンバーズイベント ※日英同時通訳付

MAMCイベント
2016年9月27日(火)開催
「宇宙と芸術展」MAMCナイト
ギャラリーツアー&トークイベント

「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」のMAMCナイトは、本展覧会に作品を出展しているチームラボの代表猪子寿之氏をゲストに開催いたします。もちろん、担当キュレーターによるギャラリーツアーもございます。是非ご参加ください。

  • 【開催概要】※日英同時通訳付
  • 日時:2016年9月27日(火)19:00~22:00(受付開始18:45/最終入館21:30)
  • 会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
  • 受付:森美術館インフォメーション(六本木ヒルズ森タワー3階)
  • 対象:MAMC個人メンバー
  • 同伴可能人数
    ベネファクターメンバーは2名まで同伴入館可
    フェローメンバーは1名まで同伴入館可
    ※メンバーとご同伴者は必ず一緒に受付へお越しください。
    ※メンバーご本人は必ずご出席ください。
  • 定員:80名(要予約)
  • 参加費:MAMC個人メンバー&同伴者 ともに無料
  • 申込み締切り:2016年9月11日(日)(但し定員になり次第受付終了)
    ※申込み締切り後のキャンセルはご遠慮下さい。
  • 【スケジュール】
  • 18:45 受付開始(21:30最終入館)
  • 19:00~20:00 ギャラリーツアー
  • 20:00~21:00 トークイベント
  • 21:00~22:00 自由内覧
  • ※スケジュールは変更になる可能性があります。予めご了承ください。
  • 【お申し込み】
  • MAMCメンバーの方の参加お申し込み:終了いたしました
    MAMCメンバーへのお申し込みはこちら
    ※メンバーでないかたはまずこちらをご覧ください。
猪子寿之
  • <猪子寿之氏(チームラボ代表)プロフィール>
    1977年、徳島市出身。2001年東京大学工学部計数工学科卒業と同時にチームラボ創業。チームラボは、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら活動している。47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」などの展覧会を国内外で開催。2016年2月よりシリコンバレー「teamLab: Living Digital Space and Future Parks」、イスタンブール「Borusan Contemporary」、5月にはバンコク「Central World」、また常設展として3月よりシンガポールにて「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」を開催中。他、「ミラノ万博2015」の日本館、ロンドン「Saatchi Gallery」、パリ「Maison & Objet」など。
    http://www.team-lab.net
  • [クロークについて]
    森美術館内(森タワー53階)には、お荷物をお預かりするクロークがございませんので、お荷物をお預けご希望の場合は、52Fのコインロッカー(100円リターン式)をご利用ください。
  • [MAMCナイトとは?]
    展覧会毎に開催する、MAMC個人メンバーの方だけがご入館頂ける特別内覧日です。空いている中で作品をご覧いただけるのはもちろんのこと、キュレーターによる作品解説や、アーティストのトークイベントなど、個人メンバーの方だけがお楽しみいただけるイベントです。
  • [ご案内:MAMCメンバーイベントのレポート掲載について]
    MAMCでは、より多くの皆様にメンバーイベントの模様をご紹介するため、ウェブサイトに開催レポートを掲載しています。掲載に使用する画像の中には、参加者の様子が写っているものが含まれる可能性がありますので、イベントへご参加の際には予めご了承ください。
MAMC MEMBERSHIP

MAMCマムシー」は、森美術館(MORI ART MUSEUM)と、現代(CONTEMPORARYコンテンポラリー)美術を、よりお楽しみいただくためのメンバーシップ。

イベント活動レポート

※出演者は予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。

お申し込みについて

  • 予約方法、申し込み開始日は、プログラムによって異なります。
  • 先着順のものは受付完了のご連絡をもって、抽選のものは、当選のご連絡をもって申し込み完了となります。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。
  • メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、下記までお問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。
  • 2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意の上お申し込みください。
  • 明記しているプログラム以外は、プログラム料金に展覧会入館料は含まれません。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
  • 申込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
  • お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールマガジン」を送信させていただきます。

パブリックプログラムに関するお問い合わせ

森美術館 パブリックプログラム(月-金 11:00-17:00)
電話: 03-6406-6101(直通)/Eメール:ppevent-mam@mori.co.jp