展覧会

MAMスクリーン016:ツァオ・フェイ(曹斐)

2022.6.29(水)~ 11.6(日)

ツァオ・フェイ(曹斐、1978年、中国広州生まれ、北京在住)は、現代中国と自身の個人的で文化的な関係性を投影した作品群を通して、中国の改革開放以降に生まれた世代を代表するアーティストとして国際的に活躍しています。その表現手法は、写真、ビデオ、インスタレーション、パフォーマンス、デジタル・メディアなど、多岐に渡ります。なかでもポップカルチャー(大衆文化)とその変遷に向けられた彼女の関心は、ヒップホップ、コスプレ、仮想空間とアバター、AR(拡張現実)など、作品に多様な方法で編み込まれています。本プログラムでは、ツァオ・フェイの長編映像作品2点、《霞と霧》(2013年)と《新星》(2019年)を前期と後期に分けて1点ずつ展示します。

急速な都市開発やグローバル化によって起こる矛盾や混沌、資本主義的なポップカルチャーが社会に浸透する様子、さらに仮想空間やAI(人工知能)を含むテクノロジーの急激な進歩による社会変化などをとらえた作品群は、今後の人間や社会のあり方について一考を促します。


上映作品

当プログラムは、以下のスケジュールで上映いたします。

■2022年6月29日(水)~9月6日(火)

《霞と霧》2013年 60分46秒
10:00、11:05、12:10、13:15、14:20、15:25、16:30、17:35、18:40、19:45、20:50(火曜日は17:00閉館です)

■2022年9月7日(水)~11月6日(日)

《新星》2019年 97分12秒
10:00、11:40、13:20、15:00、16:40、18:20、20:00(火曜日は17:00閉館です)


《霞と霧》
ツァオ・フェイ
《霞と霧》
2013年
ビデオ
60分46秒
Courtesy: Vitamin Creative Space, Guangzhou; Sprüth Magers, Berlin/London/Los Angeles
《霞と霧》
ツァオ・フェイ
《霞と霧》
2013年
ビデオ
60分46秒
Courtesy: Vitamin Creative Space, Guangzhou; Sprüth Magers, Berlin/London/Los Angeles
《新星》
ツァオ・フェイ
《新星》
2019年
ビデオ 97分12秒
Courtesy: Vitamin Creative Space, Guangzhou; Sprüth Magers, Berlin/London/Los Angeles
《新星》
ツァオ・フェイ
《新星》
2019年
ビデオ 97分12秒
Courtesy: Vitamin Creative Space, Guangzhou; Sprüth Magers, Berlin/London/Los Angeles

ツァオ・フェイ(曹斐)

1978年、中国広州生まれ、北京在住。近年の主な個展に、香港の大館當代美術館(2018-2019年)、K21ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館(2018-2019年)、パリのポンピドゥー・センター(2019年)、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー(2020年)、北京のユーレンス現代美術センター(UCCA)(2021年)、ローマの国立21世紀美術館(MAXXI)(2021-2022年)など。また、第52回ベネチア・ビエンナーレ(2007年)では中国館代表。主な受賞歴に、フューチャー・ジェネレーション・アートプライズ(2010年)にノミネート、ヒューゴ・ボス賞(2010年)のファイナリストに選出。中国現代美術賞(CCAA)ベストヤングアーティスト賞(2006年)、ベストアーティスト賞(2016年)を受賞。クエンカ・ビエンナーレ塩石賞(2016年)、ドイツ証券取引所写真財団賞(2021年)を受賞。

基本情報
  • シェアする
  • ツイートする

MAMスクリーン016:ツァオ・フェイ(曹斐)


「MAMスクリーン016」の上映について

企画展・プログラム等実施のため、以下の日時は「MAMスクリーン016」をご覧いただけません。あらかじめご了承ください。
※日時が追加される場合もあります。ご留意ください。

タイムスケジュール

  • 7月8日(金)10:00~19:45
  • 7月11日(月)10:00~12:10
  • 7月12日(火)15:25~17:00
  • 7月22日(金)12:10~18:40
  • 7月29日(金)10:00~19:45
  • 8月2日(火)14:20~17:00
  • 8月13日(土)10:00~17:35
  • 8月20日(土)10:00~18:40
  • 9月9日(金)13:20~19:45
  • 10月1日(土)10:00~18:20

撮影に関する注意事項

「MAMスクリーン016:ツァオ・フェイ(曹斐)」では、写真撮影はできません。


MAMスクリーンとは?

1960年代に始まったビデオ・アートは、映像技術の革新にともなって飛躍的な発展をとげてきました。複数のメディアを融合させた映像インスタレーションも増えているなか、「MAMスクリーン」では、世界各地の優れたシングル・チャンネル映像作品を上映します。


  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る