ACCESS PROGRAMS

「耳でみるアート」、「手話ツアー」、ワークショップなどの「障がい」を入口にしたプログラム

耳でみるアート「アートができることって何だろう?」

日本語のみ

視覚に障がいがある方を対象とした、スタッフとの対話を通して作品を楽しむツアーです。
今回は、視覚障がい者とのワークショップや、2011年のニュージーランド地震直後からクライストチャーチを何度も訪れ、現地のアート・フェスティバルでワークショップなども行う真下弥生と「カタストロフと美術のちから展」を鑑賞しながら、アートの持つ可能性について共に考えます。本プログラムは見える、見えないにかかわらず、どなたでもご参加いただけます。

日時
2018年11月23日(金・祝)10:00~12:15(受付開始:9:45~)
出演
真下弥生(東京神学大学・ルーテル学院大学非常勤講師)

※参加を希望される、視覚に障がいがある方へ
六本木駅(日比谷線改札口、大江戸線改札口)までお迎えを希望される方、当日介助者の有無、盲導犬の有無をお申し込み時にご記入ください。

耳と手でみるアート風景
イメージ写真:耳でみるアート風景(「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」2018年)
撮影:田山達之

お申し込みについて

  • 出演者は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、お問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意のうえ、お申し込みください。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
  • お申し込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
  • お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールマガジン」を送信させていただきます。
申込期間
2018.11.2(金) ~ 11.22(木)
会場
森美術館展示室内
定員
10名(要予約)
料金
無料(ただし、当日有効の森美術館の展覧会チケットが必要です)
※障がい者手帳をご持参の方(介助者1名を含む)は無料
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
Tel:03-6406-6101(月~金 11:00~17:00)
メールでのお問い合わせ
カテゴリー
アクセス
展覧会関連
対象
一般
障がい者
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る