SYMPOSIA

国内外で注目されているテーマをアカデミックに議論する場

アージェント・トーク021:
中国社会のいま:日本人写真家が見た「生」と「性」のゆらぎ

日本語のみ

めざましい発展を遂げる中国。しかしその急激な社会の変化は、そこに生きる人々の価値観を根底から揺るがしています。

10年以上中国を拠点に活動し、中国のドラァグクイーンをテーマにした《I and I》で第38回木村伊兵衛写真賞(2013年)を受賞した菊地智子さんをお招きして、中国人の命や性に関する意識の変容について、地域に密着して撮影した写真や映像を見ながらお話しを伺います。

日時
2013年12月3日(火)19:00~20:30(受付開始 18:30)
出演
菊地智子(写真家)
聞き手
荒木夏実(森美術館キュレーター)
プロフィール
菊地智子
写真家。1973年東京生まれ。1996年武蔵野美術大学空間演出デザイン学部卒業。1997年から香港、1999年から北京に拠点を移し、雑誌を中心にフォトグラファーとしての活動を開始。2002年からは、クリストファー・ドイルとともにジェームス・アイボリーやピーター・チャンなどの映画のスチル・フォトグラファーとして活躍、ドキュメンタリー制作なども手がけている。
申込期間
2013.12.3(火) ~ 12.3(火)
会場
森美術館 展示室内
定員
80名(要予約)
料金
無料(閉館後の開催につき、展覧会はご鑑賞いただけません)
カテゴリー
シンポジウム
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る