SYMPOSIA

国内外で注目されているテーマをアカデミックに議論する場

アージェント・トーク004:チリの現代美術について

1945年、キューバ生まれのヘラルド・モスケラ氏は南米のアートシーンに精通し、国際的に幅広く活躍する批評家/キュレーターです。1973年以降のチリの現代アートについて広く紹介する『Copying Eden』を、Puro Chile(チリの出版社)より2007年に出版しています。森美術館での「アージェント・トーク004」では、チリの現代アートを『Copying Eden』に照らして紹介し、パフォーマンスおよび最近注目されているアートに焦点をあてた映像を上映します。後半の片岡との対談では、前半のレクチャーについてさらに考察を深める予定です。

日時
2010年10月25日(月)19:00~20:30
出演
ヘラルド・モスケラ(インディペンデント・キュレーター、評論家、ニューヨーク・ニューミュージアム、アジャンクト・ キュレーター)、片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター)
申込期間
2010.10.25(月) ~ 10.25(月)
会場
森美術館 展示室内
定員
80名
料金
無料(要展覧会チケット)
カテゴリー
シンポジウム
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る