NEWS

ニュース

GINZA SIXに塩田千春の新作が登場!

2019.3.1(金)

今年6月20日(木)から森美術館にて過去最大の個展の開催を控えた、塩田千春さんの新作インスタレーション《6つの船》が、2月27日(水)からGINZA SIX(東京・銀座)に登場しました。

塩田千春《6つの船》
塩田千春《6つの船》2019年 鉄枠、フェルト、ロープ 撮影:加藤 健
塩田千春《6つの船》
塩田千春《6つの船》2019年 鉄枠、フェルト、ロープ 撮影:加藤 健

施設の中央に位置する吹き抜け空間を飾るのは、最大で5メートルにもなる6隻の船。シャンパンゴールドの上品なGINZA SIXの内装に合わせて選ばれたという5,000本もの白い糸。その中に包まれるように配置された黒い船は、まるで霧の中に浮かんでいるように見え、とても幻想的な雰囲気が漂います。

戦後多くの困難を乗り越え、その度に発展を続けてきた銀座の“記憶の海”を、それぞれの目的地に向けて前進していく船。下から見ると花の形に見えるように配置したのは、華やかなGINZA SIXの雰囲気を意識されてとのこと。いつも空間からインスピレーションを受けて作品を作られるという、塩田さんならではのアイディアです。

作品を制作する時は、空間に入って来た人の心に一瞬にして訴えかけるようなものにするよう、心掛けているという塩田さん。GINZA SIXにショッピングにいらっしゃる時は、きっと何かを買いたいというより、何かの欲求を埋めたいと思って来るのではないか。その時に、ふと目に入った自身のアートが人の心を満たすことになれば嬉しいと、語られました。

様々な位置や角度から作品を鑑賞できるのは、商業施設の吹き抜け空間での展示ならではの特徴です。各フロアから見え隠れする船を眺めながら、異次元を訪れるような想像の旅をぜひお楽しみください。

塩田千春《6つの船》
塩田千春《6つの船》2019年 鉄枠、フェルト、ロープ
撮影:加藤 健
塩田千春《6つの船》
塩田千春《6つの船》2019年 鉄枠、フェルト、ロープ
撮影:加藤 健
作品名:
6つの船
展示期間:
2019年2月27日(水)~10月31日(木)予定
展示場所:
GINZA SIX 中央吹き抜け
(東京都中央区銀座6-10-1)
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る

月別アーカイブ

カテゴリー

MORI ART MUSEUM BLOG ARCHIVE 2017年6月までのブログはこちら

MORI ART MUSEUM BLOG ARCHIVE 2017年6月までのブログはこちら