展覧会

MAMコレクション008:会田 誠とChim↑Pomのカラス

2018.10.6(土)~ 2019.1.20(日)

出展作家

会田 誠、Chim↑Pom

本展では、カラスという身近な鳥を主題とした、会田誠とChim↑Pomの作品をご紹介します。カラスは、吉兆を示す鳥あるいは太陽の象徴として世界中の多くの神話に登場する一方、腐肉食や黒い羽毛が死を連想させることから、悪や不吉の象徴としても繰り返し描かれてきました。会田の作品は、惨事の後を思わせるディストピア的な風景が、屏風絵という日本の伝統的な様式のもとに描かれています。Chim↑Pomの作品では、メンバーのエリイが、バイクの後部座席にまたがり、カラスのはく製と録音したカラスの鳴き声が流れるスピーカーを持って都内の様々な場所を訪れます。会田誠とChim↑Pomはどちらも、独自の観点、手法を用いて社会的、政治的な問題に切り込んでゆくことで知られています。カラスという共通した題材をもとに制作された両アーティストの作品は、我々の生きる社会を異なる視点から観察する好機を与えてくれるでしょう。

作品

会田 誠
《電信柱、カラス、その他》
2012-2013年
六曲一隻/アクリル絵具、キャンバス、パネル
360 × 1,020 cm
展示風景:「MAMコレクション008:会田 誠とChim↑Pomのカラス」森美術館(東京)2018-2019年
撮影:木奥惠三
会田 誠
《電信柱、カラス、その他》
2012-2013年
六曲一隻/アクリル絵具、キャンバス、パネル
360 × 1020 cm
展示風景:「MAMコレクション008:会田 誠とChim↑Pomのカラス」森美術館(東京)2018-2019年
撮影:木奥惠三
会田 誠
《電信柱、カラス、その他》(部分)
2012-2013年
六曲一隻/アクリル絵具、キャンバス、パネル
360 × 1,020 cm
展示風景:「会田誠展:天才でごめんなさい」森美術館(東京)2012-2013年
撮影:渡邉 修
会田 誠
《電信柱、カラス、その他》(部分)
2012-2013年
六曲一隻/アクリル絵具、キャンバス、パネル
360 × 1,020 cm
展示風景:「会田誠展:天才でごめんなさい」森美術館(東京)2012-2013年
撮影:渡邉 修
会田 誠
《電信柱、カラス、その他》(部分)
2012-2013年
六曲一隻/アクリル絵具、キャンバス、パネル
360 × 1,020 cm
展示風景:「会田誠展:天才でごめんなさい」森美術館(東京)2012-2013年
撮影:渡邉 修
会田 誠
《電信柱、カラス、その他》(部分)
2012-2013年
六曲一隻/アクリル絵具、キャンバス、パネル
360 × 1,020 cm
展示風景:「会田誠展:天才でごめんなさい」森美術館(東京)2012-2013年
撮影:渡邉 修
Chim↑Pom
《BLACK OF DEATH》
2007年
ラムダプリント、ビデオ
117.5 x 78.5 cm、9分13秒
Chim↑Pom
《BLACK OF DEATH》
2007年
ラムダプリント、ビデオ
117.5 x 78.5 cm、9分13秒
展示風景:「六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?」森美術館(東京)2010年
撮影:木奥恵三
Chim↑Pom
《BLACK OF DEATH》
2007年
ラムダプリント、ビデオ
117.5 x 78.5 cm、9分13秒
Chim↑Pom
《BLACK OF DEATH》
2007年
ラムダプリント、ビデオ
117.5 x 78.5 cm、9分13秒
展示風景:「六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?」森美術館(東京)2010年
撮影:木奥恵三
チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする

MAMコレクション008:会田 誠とChim↑Pomのカラス


写真・動画撮影に関する注意事項

「MAMコレクション008:会田 誠とChim↑Pomのカラス」では、以下の条件の範囲内で作品の撮影が可能です。

<撮影に際して>

  • 作品に触れないでください。
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
  • フラッシュの使用はご遠慮ください。
  • 三脚や自撮り棒の使用はご遠慮ください。
  • 動画撮影は1分以内に限ります。

<撮影された写真・動画の利用に関して>

  • 撮影された作品写真/動画は、非営利目的でのみ利用できます。営利目的には利用できませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真/動画に変更を加えることはできません。
  • 上記作品写真の使用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で許諾されています。
  • 撮影した写真/動画をブログや写真共有サービスなどに利用する場合は、以下のとおり表示してください。

<表記例>

作家名/作品名:会田 誠《電信柱、カラス、その他》
この写真/動画は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際」ライセンスでライセンスされています。

※ クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細や表示については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
※ 撮影された作品写真/動画に来館者が写っている場合、その写真/動画の公表にあたって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。


「MAMコレクション」とは?

日本を含むアジアの現代美術に焦点をあてた森美術館のコレクションは、現在、400点近くを数えます。「MAMコレクション」は、このコレクションを順次、多様なテーマに沿って紹介するシリーズです。ダイナミックな眺望とリビングルームのような空間で現代アートを楽しむ、美術館のモットー、「アート&ライフ」を体現したプログラムです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る