展覧会

MAMリサーチ006:クロニクル京都1990s
―ダイアモンズ・アー・フォーエバー、アートスケープ、そして私は誰かと踊る

2018.10.6(土)~ 2019.1.20(日)

1990年代の京都では、ダムタイプなど京都市立芸術大学出身者の周辺で、現代美術、ドラァグクィーン・パーティ、エイズやLGBTの啓発活動まで、さまざまな表現と活動が重なり合うように活発化していました。それは京都の、主に左京区において、コミュニティーの中から内発的に生まれたユートピア志向の実験でした。さまざまな人権が重要視されるようになった現代において、本展は、社会の閉塞感を突破するヒントとなるでしょう。

「ダイアモンズ・アー・フォーエバー」
メトロ(京都)
1990年代初頭
「ダイアモンズ・アー・フォーエバー」
メトロ(京都)
1990年代初頭
「ダイアモンズ・アー・フォーエバー」
メトロ(京都)
1990年代初頭
「ダイアモンズ・アー・フォーエバー」
メトロ(京都)
1990年代初頭
「ダイアモンズ・アー・フォーエバー」
メトロ(京都)
1990年代初頭
「第10回国際エイズ会議」
パシフィコ横浜
1994年8月
「ダイアモンズ・アー・フォーエバー」
メトロ(京都)
1990年代初頭
「第10回国際エイズ会議」
パシフィコ横浜
1994年8月
チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする

MAMリサーチ006:クロニクル京都1990s―ダイアモンズ・アー・フォーエバー、アートスケープ、そして私は誰かと踊る


「MAMリサーチ」とは?

森美術館のプログラムは、日本とアジアの現代美術が中心ですが、ひとことで「アジア」といってもその領域は広大で、全体像を把握するのは容易ではありません。「MAMリサーチ」はアジア各地におけるアーティスト、キュレーター、芸術運動、インスティテューションなどに注目しながら、社会的にも政治、経済的にも複層的な背景から生まれてきたアジアの現代アートについて考察し、その歴史的文脈を明らかにしていこうとする試みです。各地のアーカイブ、研究機関、研究者との協働企画を前提とし、展示は作品に限定せず、映像、写真、文書、史料などを紹介します。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る