展覧会

MAMプロジェクト027:タラ・マダニ

2019.11.19(火)~ 2020.3.29(日)

タラ・マダニ(1981年テヘラン生まれ、ロサンゼルス在住)は、イランと米国の文化的背景を超えて、急速なグローバル化が進む現代社会を批評する風刺的でユーモラスな作風で知られています。国際的なアートシーンで活躍するマダニの、新作を含む絵画や映像作品などを発表します。

展示風景
展示風景:「タラ・マダニ:コーナー・プロジェクション」303ギャラリー(ニューヨーク)2018年
Courtesy: 303 Gallery, New York
撮影:John Berens
タラ・マダニ
タラ・マダニ
《プリズムの屈折によるコーナー・プロジェクションとバケツ》
2018年
油彩、麻
左パネル:182.9×182.9 cm、右パネル:182.9×365.8 cm(二連画)
Courtesy: 303 Gallery, New York
撮影:Fredrik Nilsen
展示風景
展示風景:ホイットニー・ビエンナーレ2017(ニューヨーク)
左から:タラ・マダニ《Sex Ed by God》2017年、《悪趣味なディスコ》2016年、《黒い太陽》2017年、《ベイブレス》2017年
撮影:Ron Amstutz
画像提供:Pilar Corrias Gallery, Whitney Museum of American Art, New York
展示風景
展示風景:「タラ・マダニ:コーナー・プロジェクション」303ギャラリー(ニューヨーク)2018年
Courtesy: 303 Gallery, New York
撮影:John Berens
タラ・マダニ
タラ・マダニ
《プリズムの屈折によるコーナー・プロジェクションとバケツ》
2018年
油彩、麻
左パネル:182.9×182.9 cm、右パネル:182.9×365.8 cm(二連画)
Courtesy: 303 Gallery, New York
撮影:Fredrik Nilsen
展示風景
展示風景:ホイットニー・ビエンナーレ2017(ニューヨーク)
左から:タラ・マダニ《Sex Ed by God》2017年、《悪趣味なディスコ》2016年、《黒い太陽》2017年、《ベイブレス》2017年
撮影:Ron Amstutz
画像提供:Pilar Corrias Gallery, Whitney Museum of American Art, New York
基本情報
  • シェアする
  • ツイートする

MAMプロジェクト027:タラ・マダニ


「MAMプロジェクト」とは?

MAMプロジェクトは森美術館が世界各地のアーティストと実験的なプロジェクトを行うシリーズです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る