展覧会

MAMプロジェクト027:タラ・マダニ

2019.11.19(火)~ 2020.3.29(日)

タラ・マダニは、イランと米国という2つの文化的背景を持ち、急速なグローバル化が進む現代社会を批評する風刺的な作風で国際的に活躍しています。本展では、新作を含む絵画と映像作品を日本で初めて紹介します。

マダニの作品には、下腹が出て頭髪が薄くなった中年男性がしばしば登場します。子どもじみたふるまいや、邪険に扱われるその姿は、男性優位社会の危機を示唆しているかのようです。また「くそママ」シリーズ(2019年~)では、排泄物でできた母親と戯れる赤ん坊が登場し、典型的な母と子のイメージを破壊します。他にも、モダニズムを表象するグリッド、権力構造や集団心理が生み出す暴力、人間の動物的本能など、いずれのイメージも西欧中心主義的な社会への痛烈な皮肉と捉えることができます。

合理主義的な規範から逸脱する人間の根源的な本質に光を当て、わたしたちの倫理観に鋭く切り込む作品群は、多文化主義が唱える他者への寛容性について、あらためて考えるきっかけとなるでしょう。

タラ・マダニ《細胞/檻・男の行進》
タラ・マダニ
《細胞/檻・男の行進》
2011年
シルクスクリーン、デジタル・プリント、マーカー、アクリル、インク、紙
85.1×59.7 cm
所蔵:キャスリーン&マシュー・ムーレイ
Courtesy: Pilar Corrias, London
タラ・マダニ《背面投影:ソフト》
タラ・マダニ
《背面投影:ソフト》
2013年
油彩、麻
46×51 cm
所蔵:マリヤ・カラン&ジョエル・ルービン
Courtesy: Pilar Corrias, London
展示風景
展示風景:「タラ・マダニ:コーナー・プロジェクション」303ギャラリー(ニューヨーク)2018年
Courtesy: 303 Gallery, New York
撮影:John Berens
※参考図版
タラ・マダニ
タラ・マダニ
《プリズムの屈折によるコーナー・プロジェクションとバケツ》
2018年
油彩、麻
左パネル:182.9×182.9 cm、右パネル:182.9×365.8 cm(二連画)
Courtesy: 303 Gallery, New York
撮影:Fredrik Nilsen
※参考図版
展示風景
展示風景:ホイットニー・ビエンナーレ2017(ニューヨーク)
左から:タラ・マダニ《Sex Ed by God》2017年、《悪趣味なディスコ》2016年、《黒い太陽》2017年、《ベイブレス》2017年
撮影:Ron Amstutz
画像提供:Pilar Corrias Gallery, Whitney Museum of American Art, New York
※参考図版

タラ・マダニ

1981年テヘラン生まれ。シンガポール・ビエンナーレ2011、第54回ベネチア・ビエンナーレ(2011年)、台北ビエンナーレ2014、ホイットニー・ビエンナーレ2017、第16回イスタンブール・ビエンナーレ(2019年)に参加。アムステルダム市立美術館(2011年)、ストックホルム近代美術館(2013年)、ポルティクス(フランクフルト、2019年)にて個展を開催するなど、ロサンゼルスを拠点に国際的に活動している。2019年11月~2020年1月はウィーン分離派会館、2020年にはロサンゼルス現代美術館にて個展を開催予定。

基本情報
  • シェアする
  • ツイートする

MAMプロジェクト027:タラ・マダニ


撮影に関する注意事項

「MAMプロジェクト027:タラ・マダニ」では、以下の条件の範囲内で作品の撮影が可能です。

撮影に際して

  • 作品に触れないでください。
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
  • フラッシュの使用はご遠慮ください。
  • 三脚や自撮り棒の使用はご遠慮ください。
  • 動画撮影は1分以内に限ります。

撮影された写真・動画の利用に関して

  • 撮影された作品写真/動画は、非営利目的でのみ利用できます。営利目的には利用できませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真/動画に変更を加えることはできません。
  • 上記作品写真/動画の使用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で許諾されています。
  • 撮影した写真/動画をブログや写真共有サービスなどに利用する場合は、以下のとおり表示してください。

表記例

作家名/タラ・マダニ《細胞/檻・男の行進》
この写真/動画は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際」ライセンスされています。

※ クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細や表示については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
※撮影された作品写真/動画に来館者が写っている場合、その写真の公表にあたって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。


「MAMプロジェクト」とは?

MAMプロジェクトは森美術館が世界各地のアーティストと実験的なプロジェクトを行うシリーズです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る