展覧会

MAMスクリーン012:チェン・ジエレン(陳界仁)

2019.11.19(火)~ 2020.3.29(日)

チェン・ジエレン(陳界仁)の映像作品は、経済的に困窮している労働者や失業者、移民、アクティビストなどと協働で制作され、台湾社会の周縁に生きる人々の心傷や苦境を、アーカイブ映像とフィクションを織り交ぜながら描きます。日本植民地時代に建設されたハンセン病棟や、かつての台湾経済を支えた工場の跡地など、歴代政権の建築的遺産で実際に撮影された作品は、さまざまな統治のあり方に翻弄される人々の姿を明らかにし、忘れ去られた過去を未完の対話として現在に蘇らせるものです。

前期・後期で構成される当プログラムでは、森美術館が所蔵する《工場》と《ルート》を含む、チェンの初期作品から近作までを紹介します。


上映作品

当プログラムは前期・後期に分かれており、以下のスケジュールで上映いたします。
ラーニング・プログラム等実施のため、「MAMスクリーン」の上映のない時間帯があります。

【前期】

2019年11月19日(火)~2020年1月28日(火)

1 《工場》 2003年 31分9秒

2 《ルート》 2006年 16分45秒

3 《残響世界》 2014/2019年 59分47秒

※全体約1時間50分で、以下の時間より上映を開始いたします。
10:00、11:50、13:40、15:30、17:20、19:10、21:00(*)
(祝日を除く火曜日10:00、11:50、13:40、15:30〔*〕) 
* 最終上映は《工場》と《ルート》で終了します。

【後期】

2020年1月29日(水)~3月29日(日)

1 《工場》 2003年 31分9秒

2 《ルート》 2006年 16分45秒

3 《星図》 2017年 3分50秒

4 《中空の地》 2017年 61分7秒

※全体約2時間で、以下の時間より上映を開始いたします。
10:00、12:00、14:00、16:00、18:00、20:00
(祝日を除く火曜日10:00、12:00、14:00、16:00〔*〕)
* 火曜日の最終上映は《工場》と《ルート》で終了します。


チェン・ジエレン(陳界仁)
チェン・ジエレン(陳界仁)
《中空の地》
2017年
ビデオ、カラー/白黒、サウンド
61分7秒
チェン・ジエレン(陳界仁)
チェン・ジエレン(陳界仁)
《工場》
2003年
スーパー16ミリのDVD変換、カラー、サイレント
31分9秒(ループ)
所蔵:森美術館
チェン・ジエレン(陳界仁)
チェン・ジエレン(陳界仁)
《工場》
2003年
スーパー16ミリのDVD変換、カラー、サイレント
31分9秒(ループ)
所蔵:森美術館
チェン・ジエレン(陳界仁)
チェン・ジエレン(陳界仁)
《工場》
2003年
スーパー16ミリのDVD変換、カラー、サイレント
31分9秒(ループ)
所蔵:森美術館

チェン・ジエレン(陳界仁)

1960年台湾生まれ。台北市立美術館(2010年)、ソフィア王妃芸術センター(マドリード、2008年)などで個展を開催。ベネチア・ビエンナーレなどの大型国際展にも参加。第12回アワード・オブ・アート・チャイナよりアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞(2018年)。

基本情報
  • シェアする
  • ツイートする

MAMスクリーン012:チェン・ジエレン(陳界仁)


撮影に関する注意事項

「MAMスクリーン012:チェン・ジエレン(陳界仁)」では、以下の条件の範囲内で作品の撮影が可能です。

撮影に際して

  • 作品に触れないでください。
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
  • フラッシュの使用はご遠慮ください。
  • 三脚や自撮り棒の使用はご遠慮ください。
  • 動画撮影は1分以内に限ります。

撮影された写真・動画の利用に関して

  • 撮影された作品写真/動画は、非営利目的でのみ利用できます。営利目的には利用できませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真/動画に変更を加えることはできません。
  • 上記作品写真/動画の使用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で許諾されています。
  • 撮影した写真/動画をブログや写真共有サービスなどに利用する場合は、以下のとおり表示してください。

表記例

作家名/作品名:チェン・ジエレン(陳界仁)《工場》
この写真/動画は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際」ライセンスされています。

※ クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細や表示については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
※撮影された作品写真/動画に来館者が写っている場合、その写真の公表にあたって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。


MAMスクリーンとは?

1960年代に始まったビデオ・アートは、映像技術の革新にともなって飛躍的な発展をとげてきました。複数のメディアを融合させた映像インスタレーションも増えているなか、「MAMスクリーン」では、世界各地のシングル・チャンネル映像作品を会期中毎日上映します。映像作品を集中してじっくり鑑賞いただけるプログラムです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る