展覧会

MAMスクリーン010:ミハイル・カリキス

2019.2.9(土)~ 5.26(日)

ミハイル・カリキス(1975年テッサロニキ〔ギリシャ〕生まれ)は、音楽、建築を学んだ後、映像、写真、パフォーマンスなど多様なジャンルを横断し、体感型インスタレーションへと発展させてきました。彼は音を作品の主要な素材として捉えており、なかでも人間の声は重要な役割を果たしています。
本プログラムでは、《地底からの音》《怖くなんかない》《チョーク工場》の3作品を上映します。元炭鉱労働者による合唱団が、当時聞いていた爆発音や機械音などを声に転換して歌う《地底からの音》。過疎化した村で生きるティーンエイジャーの思いからラップを作曲し、ミュージックビデオ風に仕上げた《怖くなんかない》。1950年代末から積極的に障がい者を雇用してきた工場のサウンドスケープ(音による風景)が描かれた《チョーク工場》。いずれも、人間の存在そのもの、友情、労働、行動(アクション)などに対するオルタナティブなモデルを提示し、経済や産業構造の変化が個々の人生に及ぼす影響、労働や雇用とは何か、コミュニティとは何か、といった根源的な問題を考えさせます。

上映作品

《地底からの音》 2011-2012年 ビデオ 6分47秒
《怖くなんかない》 2016年 ビデオ 10分
《チョーク工場》 2017/2019年 ビデオ(シングル・チャンネル・エディション) 22分22秒

上映作品

《地底からの音》
2011-2012年 ビデオ 6分47秒
《怖くなんかない》
2016年 ビデオ 10分
《チョーク工場》
2017/2019年 ビデオ(シングル・チャンネル・エディション) 22分22秒
ミハイル・カリキス《怖くなんかない》
ミハイル・カリキス
《怖くなんかない》
2016年
ビデオ
10分
ミハイル・カリキス《怖くなんかない》
ミハイル・カリキス
《怖くなんかない》
2016年
ビデオ
10分

ミハイル・カリキス《怖くなんかない》
ミハイル・カリキス
《怖くなんかない》
2016年
ビデオ
10分
ミハイル・カリキス《怖くなんかない》
ミハイル・カリキス
《怖くなんかない》
2016年
ビデオ
10分

ミハイル・カリキス《怖くなんかない》
ミハイル・カリキス
《怖くなんかない》
2016年
ビデオ
10分
ミハイル・カリキス《怖くなんかない》
ミハイル・カリキス
《怖くなんかない》
2016年
ビデオ
10分

ミハイル・カリキス《怖くなんかない》
ミハイル・カリキス
《怖くなんかない》
2016年
ビデオ
10分
ミハイル・カリキス《怖くなんかない》
ミハイル・カリキス
《怖くなんかない》
2016年
ビデオ
10分

ミハイル・カリキス《チョーク工場》
ミハイル・カリキス
《チョーク工場》
2017年
ビデオ
22分22秒
ミハイル・カリキス《チョーク工場》
ミハイル・カリキス
《チョーク工場》
2017年
ビデオ
22分22秒

ミハイル・カリキス《チョーク工場》
ミハイル・カリキス
《チョーク工場》
2017年
ビデオ
22分22秒
ミハイル・カリキス《チョーク工場》
ミハイル・カリキス
《チョーク工場》
2017年
ビデオ
22分22秒
ミハイル・カリキス《地底からの音》
ミハイル・カリキス
《地底からの音》
2011-2012年
ビデオ
6分47秒
ミハイル・カリキス《地底からの音》
ミハイル・カリキス
《地底からの音》
2011-2012年
ビデオ
6分47秒

ミハイル・カリキス

1975年テッサロニキ(ギリシャ)生まれ、ロンドン在住。第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ(2011年)、マニフェスタ9(ベルギー、2012年)、あいちトリエンナーレ2013、第19回シドニー・ビエンナーレ(2014年) など世界各地の国際展や美術館で作品を発表。2019年2月8日から24日まで第11回恵比寿映像祭にも参加する。

チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする

MAMスクリーン010:ミハイル・カリキス


「MAMスクリーン010」の上映について

企画展・プログラム等実施のため、以下の日時は「MAMスクリーン010」をご覧いただけません。あらかじめご了承ください。
※日時が追加される場合もあります。ご留意ください。

タイムスケジュール

  • 2月9日(土) 開館~19:00
  • 2月10日(日) 12:15~19:45
  • 2月16日(土) 開館~11:30
  • 3月2日(土) 12:15~16:45
  • 3月3日(日) 開館~16:00
  • 3月9日(土) 開館~19:00
  • 3月10日(日) 11:30~19:45
  • 3月15日(金) 17:30~閉館まで
  • 4月20日(土) 開館~13:00

写真撮影に関する注意事項

森美術館「MAMスクリーン010:ミハイル・カリキス」では、写真および動画の撮影はできません。


MAMスクリーンとは?

1960年代に始まったビデオ・アートは、映像技術の革新にともなって飛躍的な発展をとげてきました。複数のメディアを融合させた映像インスタレーションも増えているなか、「MAMスクリーン」では、世界各地のシングル・チャンネル映像作品を会期中毎日上映します。映像作品を集中してじっくり鑑賞いただけるプログラムです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る