展覧会

MAMコレクション009:米谷 健+ジュリア

2019.2.9(土)~ 5.26(日)

日本人とオーストラリア人のユニット、米谷健+ジュリア(1971年/1972年東京生まれ)による、ウランガラスとブラックライトを用い、緑色に光るアリの形を模した立体作品《生きものの記録》(2012年)を紹介します。オーストラリア北部、アーネム・ランドには、その大地を掘り起こすと地中から巨大な緑色のアリが出現して世界を踏み潰し破壊するという、先住民族アボリジニに伝わる神話「緑アリの教え」があります。しかしながら、1970 年代、彼らの反対を押し切りウラン鉱山開発が行われた歴史が存在します。未来への警鐘とも解釈できるこの神話や鉱山開発の経緯の調査を経て制作され、原水爆の恐怖に怯える男性を描いた黒澤明の映画「生きものの記録」(1955年)からタイトルを引用した本作は、ウランを燃料とした原子力発電や核兵器など、核に対する作家の問題提起であるといえるでしょう。

*作家は、グンウィングアン語族、その土地と、「緑アリの教え」を含む諸伝説に敬意を払います。

作品

米谷 健+ジュリア《生きものの記録》(部分)
米谷 健+ジュリア
《生きものの記録》(部分)
2012年
ウランガラス、ワイヤー、ブラックライト
3×3×5.2 m
寄贈:ジーン&ブライアン・シャーマン
展示風景:「生きものの記録:米谷 健+ジュリア」4Aアジア現代美術センター(シドニー)2012年
撮影:Zan Wimberley
米谷 健+ジュリア《生きものの記録》
米谷 健+ジュリア
《生きものの記録》
2012年
ウランガラス、ワイヤー、ブラックライト
3×3×5.2 m
寄贈:ジーン&ブライアン・シャーマン
展示風景:「生きものの記録:米谷 健+ジュリア」4Aアジア現代美術センター(シドニー)2012年
撮影:Zan Wimberley
米谷 健+ジュリア《生きものの記録》(部分)
米谷 健+ジュリア
《生きものの記録》(部分)
2012年
ウランガラス、ワイヤー、ブラックライト
3×3×5.2 m
寄贈:ジーン&ブライアン・シャーマン
展示風景:「生きものの記録:米谷 健+ジュリア」4Aアジア現代美術センター(シドニー)2012年
撮影:Zan Wimberley
米谷 健+ジュリア《生きものの記録》
米谷 健+ジュリア
《生きものの記録》
2012年
ウランガラス、ワイヤー、ブラックライト
3×3×5.2 m
寄贈:ジーン&ブライアン・シャーマン
展示風景:「生きものの記録:米谷 健+ジュリア」4Aアジア現代美術センター(シドニー)2012年
撮影:Zan Wimberley

米谷 健+ジュリア

米谷健、1971年東京生まれ。米谷ジュリア、1972年東京生まれ。
2009年に米谷健がオーストラリア代表の一人として参加した第53回ヴェネチア・ビエンナーレを機会にユニット活動を開始。近年の主な展覧会に、シンガポール・ビエンナーレ 2013、「最後の誘惑:米谷 健+ジュリアのアート」オーストラリア国立美術館(キャンベラ、2015年)、茨城県北芸術祭(2016年)などがある。

米谷 健+ジュリア
米谷 健+ジュリア
チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする

MAMコレクション009:米谷 健+ジュリア


写真・動画撮影に関する注意事項

「MAMコレクション009:米谷 健+ジュリア」では、以下の条件の範囲内で作品の撮影が可能です。

<撮影に際して>

  • 作品に触れないでください。
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
  • フラッシュの使用はご遠慮ください。
  • 三脚や自撮り棒の使用はご遠慮ください。
  • 動画撮影は1分以内に限ります。

<撮影された写真・動画の利用に関して>

  • 撮影された作品写真/動画は、非営利目的でのみ利用できます。営利目的には利用できませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真/動画に変更を加えることはできません。
  • 上記作品写真/動画の使用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で許諾されています。
    撮影した写真/動画をブログや写真共有サービスなどに利用する場合は、以下のとおり表示してください。

<表記例>

作家名/作品名:米谷 健+ジュリア《生きものの記録》
この写真/動画は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際」ライセンスでライセンスされています。

※ クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細や表示については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
※撮影された作品写真/動画に来館者が写っている場合、その写真/動画の公表にあたって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。


「MAMコレクション」とは?

日本を含むアジアの現代美術に焦点をあてた森美術館のコレクションは、現在、400点近くを数えます。「MAMコレクション」は、このコレクションを順次、多様なテーマに沿って紹介するシリーズです。ダイナミックな眺望とリビングルームのような空間で現代アートを楽しむ、美術館のモットー、「アート&ライフ」を体現したプログラムです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る