EXHIBITION-RELATED PROGRAMS

シンポジウム、レクチャー、ギャラリートーク、アーティストトークなど

小泉明郎 アーティストトーク

*申し込み終了

「地球がまわる音を聴く」展関連プログラム
日本語のみ

「地球がまわる音を聴く」展で新作《グッド・マシーン バッド・マシーン》(2022年)を発表している小泉明郎。本トークイベントでは、「催眠暗示」を主な要素とする本作の制作動機やコンセプトから制作過程のエピソードまで、幅広い視点から作家本人が作品について語ります。

ゲストには本作で催眠の監修を担当し、作中では実際に被験者に暗示を施術している催眠術師の漆原正貴氏をお招きし、「催眠暗示」への理解も深めます。トーク後半では、来場者も参加できる催眠術の実演も予定しています。

出演
小泉明郎(本展出展アーティスト)
漆原正貴(催眠術師)
モデレーター
徳山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)
日時
2022年10月8日(土)14:00~15:30(開場:13:30)
小泉明郎《グッド・マシーン バッド・マシーン》
小泉明郎
《グッド・マシーン バッド・マシーン》
2022年
ビデオ・インスタレーション
35分14秒
展示風景:「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」森美術館(東京)2022年
撮影:来田 猛
小泉明郎《グッド・マシーン バッド・マシーン》
小泉明郎
《グッド・マシーン バッド・マシーン》
2022年
ビデオ・インスタレーション
35分14秒
展示風景:「地球がまわる音を聴く:パンデミック以降のウェルビーイング」森美術館(東京)2022年
撮影:来田 猛

漆原正貴(うるしはらまさたか)
1990年、神奈川県生まれ。東京大学教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科修了。開一夫研究室に所属し、手品や催眠の認知科学を研究する。学生時代より、デモンストレーションとしての催眠を実践。大学院在学中にスマートニュース株式会社に入社し、メディア事業開発に従事。現在は出版社に勤務しながら催眠術師としても活動している。

お申し込みについて

  • 内容は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、お問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意のうえ、お申し込みください。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
  • お申し込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
  • お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールマガジン」を送信させていただきます。
 
申込期間
2022.9.20(火) ~ 10.5(水)
会場
森美術館オーディトリアム
定員
40名(要予約、先着順)
料金
無料(ただし、当日有効の森美術館の展覧会チケットが必要です)
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
メールでのお問い合わせ
カテゴリー
展覧会関連
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る

LEARNING

その他のおすすめのプログラム

プログラムを探す