EXHIBITION-RELATED PROGRAMS

シンポジウム、レクチャー、ギャラリートーク、アーティストトークなど

キュレータートーク

「MAMリサーチ010」「MAMスクリーン019」展関連プログラム
日中同時通訳、手話同時通訳付

「MAMリサーチ010:1980~1990年代、台湾ビデオ・アートの黎明期(展覧会編)」「MAMスクリーン019:1980~1990年代、台湾ビデオ・アートの黎明期(上映編)」では、1980年代~1990年代の台湾ビデオ・アートのパイオニア10作家を紹介します。この2つの展覧会は2015年に台北の関渡美術館で開催された「啓視録:台湾のビデオ・アート1983-1999」展を再構成するものですが、本プログラムでは、その企画者であるスン・ソンロン(孫松榮、国立台北芸術大学教授)氏が、「啓視録」展の企画内容、展覧会開催に向けたリサーチや現存しない作品の再制作など、展覧会開催に至るまでの様々なエピソードについて語ります。

後半は「MAMリサーチ010」「MAMスクリーン019」での展示内容や出展作家の日本との関わりについて、対談形式で紹介します。

日時
2024年4月24日(水)18:30~20:00(開場:18:15)
※手話同時通訳をご希望の方は、イベント名を明記のうえ2024年4月16日(火)までに へご連絡ください。
出演
スン・ソンロン(孫松榮、国立台北芸術大学教授)
近藤健一(森美術館シニア・キュレーター)

お申し込みについて

  • 内容は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、お問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意のうえ、お申し込みください。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。
  • 当日は、記録および広報のための写真、動画撮影を行う場合があります。ご参加の際はあらかじめご了承ください。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
  • お申し込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
  • お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールニュース」を送信させていただきます。

参加する

参加する

申込期間
2024.4.2(火) ~ 4.22(月)
会場
森美術館オーディトリアム
定員
70名(要予約、先着順)
料金
無料 (ただし、当日有効の森美術館の展覧会チケットが必要です)
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
メールでのお問い合わせ
カテゴリー
展覧会関連
対象
一般
タグ

参加する

  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る

LEARNING

その他のおすすめのプログラム

プログラムを探す