展覧会

六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの

世界が魅せられた日本建築、その本質に迫る!

2018.4.25(水)~ 9.17(月)


千利休作の茶室《国宝・待庵》を原寸で再現

千利休の作と伝えられ、京都・妙喜庵に現存する日本最古の茶室建築である国宝《待庵》は、「わび」の思想を空間化したもので、日本文化を語る上で欠くことのできない建築のひとつです。本展では、原寸スケールで再現し、二畳の茶席やにじり口(出入口)で良く知られる極小空間を体感していただけます。

伝千利休
《国宝・待庵》
安土桃山時代(16世紀)/2018年(原寸再現)
制作:ものつくり大学 ※参考図版

丹下健三の《自邸》を1/3スケールで再現した巨大模型

広島平和記念公園(1954年)、東京オリンピック(1964年)、大阪万博(1970年)など、戦後の国家的プロジェクトを牽引した建築家・丹下健三。「美しいもののみ機能的である」と唱えた丹下が、桂離宮など日本の古建築を再解釈し、建築の新たな創造の可能性を拓いた《自邸》(現存せず)を巨大模型で再現します。


日本建築の未来へ託したい思想を体現
ライゾマティクス・アーキテクチャーの新作映像インスタレーション

世界が注目するクリエイティブ集団、ライゾマティクスを率いる齋藤精一は、コロンビア大学建築学科で学び、建築で培ったロジカルな思考と知見をもとに創作するメディアアートで知られています。本展では「中銀カプセルタワー」ほか、日本の古建築から現代建築まで、名建築の数々をレーザーファイバーで再現。3次元の建築空間と映像が織り成す体験型インスタレーションを新作として発表します。

ライゾマティクス・アーキテクチャー
《Power of Scale》
2018年
インスタレーション
※参考図版

日本建築史における学術的にも貴重な資料を展示

江戸時代の大工棟梁に伝わった秘伝書、明治初期に制作された擬洋風建築の模型、大正~昭和初期に日本の古建築研究のために制作された学術模型、明治後期にドイツで発刊されモダニズム建築の発展に広く貢献したフランク・ロイド・ライトの作品集、戦前にシャルロット・ペリアンが東北の農民の生活改善のために、藁でデザインした寝椅子など、建築史を複層的に考察できる資料を一挙公開します。

シャルロット・ペリアン
《折りたたみ式寝台とクッション》
1941年 
所蔵:山形県立博物館

モダニズムの名作家具で構成されたブックラウンジ

剣持勇や長大作など戦後のモダニズム建築を彩ってきたデザイナーによる名作家具は、美術館に収蔵されているものも多く、通常、展覧会で展示されても手に触れることはできません。本展では、今なお現役で使用されているこれらのオリジナルの家具を集め、実際に座ることができるラウンジを展示室内に設えます。展覧会をより深く知ることができる書籍を閲覧しながらお過ごしいただけます。

チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る