展覧会

MAMコレクション007:見えない都市

2018.4.25(水)~ 9.17(月)

出展作家

イ・ブル、ジャガンナート・パンダ、黒川紀章

本展のタイトル「見えない都市」は、イタロ・カルヴィーノの小説のタイトルを引用しています。この小説は、マルコ・ポーロが元の初代皇帝フビライ・ハンに対して、旅先で見聞した数々の驚くべき都市の様相について語るフィクションです。

人間は常に理想の社会を思い描いてきました。建築や都市は、そうした夢の一部が現出したものだと言えます。しかし、現実には、建築や都市は災害により崩壊し、時を経て廃墟化し、いつかは遺跡となる可能性を孕んでいます。すなわち理想の社会とは、実現されないからこそユートピアであり続けるとも言えるでしょう。さらにインターネットによるコミュニケーションが一般化した現代においては、建築や都市は物理的な空間を超えてネットワーク状に生成され、従来の概念では捉えきれない存在になりつつあるともいえます。

ロシア・アヴァンギャルドを彷彿とさせつつも、エスペラント語の言葉がネオンとして輝くユートピア建築のようなイ・ブルの《朝の曲》。急速なグローバリゼーションの中で、高層のハイテク建築が神話や動植物と一体化し、新種の生命体となった都市を表現するジャガンナート・パンダの《叙事詩 Ⅲ》。建設から5年足らずで撤去されるという儚い運命をたどった、黒川紀章のメタボリズム建築《山形ハワイドリームランド》。本展で紹介するこれら3 つの作品は、人間の理想と夢の軌跡としての建築や都市について、観る者に考察を促す機会を与えてくれることでしょう。

作品

イ・ブル《朝の曲》
イ・ブル
《朝の曲》
2007年
アルミニウム、 LED、 ワイヤ-、ビーズ
展示風景:「MAMコレクション007:見えない都市」森美術館、2018年
撮影:来田 猛
ジャガンナート・パンダ《叙事詩 Ⅲ》
ジャガンナート・パンダ
《叙事詩 Ⅲ》
2010年
アクリル、布、接着剤、キャンバス
229×396 cm
黒川紀章《山形ハワイドリームランド》
黒川紀章
《山形ハワイドリームランド》
浴場平面詳細図 1:100
1966年頃
鉛筆、トレーシングペーパー
55×80 cm
チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする

MAMコレクション007:見えない都市


写真撮影に関する注意事項

「MAMコレクション007:見えない都市」では、以下の条件の範囲内で撮影が可能です。

<撮影に際して>

  • 作品に触れないでください。
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
  • フラッシュの使用はご遠慮ください。
  • 三脚や自撮り棒の使用はご遠慮ください。
  • 動画撮影は禁止です。

<撮影された写真の利用に関して>

  • 撮影された作品写真は、非営利目的でのみ利用できます。営利目的には利用できませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真に変更を加えることはできません。
  • 上記作品写真の使用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で許諾されています。
    撮影した写真をブログや写真共有サービスなどに利用する場合は、以下のとおり表示してください。

<表記例>

作家名/作品名:ジャガンナート・パンダ《叙事詩 Ⅲ》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。

※ クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細や表示については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
※ 撮影された作品写真に来館者が写っている場合、その写真の公表にあたって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。


「MAMコレクション」とは?

日本を含むアジアの現代美術に焦点をあてた森美術館のコレクションは、現在、400点近くを数えます。「MAMコレクション」は、このコレクションを順次、多様なテーマに沿って紹介するシリーズです。ダイナミックな眺望とリビングルームのような空間で現代アートを楽しむ、美術館のモットー、「アート&ライフ」を体現したプログラムです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る