展覧会

MAMコレクション011:横溝 静+松川朋奈―私たちが生きる、それぞれの時間

2019.11.19(火)~ 2020.3.29(日)

出展作家

横溝 静、松川朋奈

引退したイギリスの女性ピアニストたちを題材にした横溝静の映像作品《永遠に、そしてふたたび》(2003年)と、六本木を仕事や生活の場とする女性たちを取材し描いた松川朋奈の絵画作品を展示します。文化も世代も異なる女性たちの姿をとおして、現代において働くこと、生活することを見つめ直します。

横溝 静《永遠に、そしてふたたび》
横溝 静
《永遠に、そしてふたたび》
2003年
2チャンネル・ビデオ・インスタレーション
17分(ループ)
Courtesy: WAKO WORKS OF ART, Tokyo
展示風景:「永遠に、そしてふたたび」IZU PHOTO MUSEUM(静岡)2018年
撮影:木奥惠三
松川朋奈《朝4時までは待っていて #2》
松川朋奈
《朝4時までは待っていて #2》
2016年
油彩、木製パネル
130.3×194 cm
横溝 静《永遠に、そしてふたたび》
横溝 静
《永遠に、そしてふたたび》
2003年
2チャンネル・ビデオ・インスタレーション
17分(ループ)
Courtesy: WAKO WORKS OF ART, Tokyo
展示風景:「永遠に、そしてふたたび」IZU PHOTO MUSEUM(静岡)2018年
撮影:木奥惠三
松川朋奈《朝4時までは待っていて #2》
松川朋奈
《朝4時までは待っていて #2》
2016年
油彩、木製パネル
130.3×194 cm
基本情報
  • シェアする
  • ツイートする

MAMコレクション011:横溝 静+松川朋奈―私たちが生きる、それぞれの時間


「MAMコレクション」とは?

日本を含むアジアの現代美術に焦点をあてた森美術館のコレクションは、現在、400点近くを数えます。「MAMコレクション」は、このコレクションを順次、多様なテーマに沿って紹介するシリーズです。ダイナミックな眺望とリビングルームのような空間で現代アートを楽しむ、美術館のモットー、「アート&ライフ」を体現したプログラムです。

  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る