MAMアートコース08
第3回「グローバル化する社会とアートの新しい関係」

日英同時通訳付、手話同時通訳付

1990年代以降のグローバル化や情報技術の発達により、アーティストや作品と観客の関係、展覧会や美術館などアートの実践の場も、より開かれた概念で捉えられるようになりました。本講演では、「関係性の美学(Relational Aesthetics)」という概念で広く知られるニコラ・ブリオー氏が、自身の実践を通して既存の制度やアートの概念などに向けた批評的な視点を語ります。

日時
2008年9月24日(水)19:00~21:00
出演
ニコラ・ブリオー(キュレーター、美術評論家)
主催
森美術館、アカデミーヒルズ
協賛
UBSグループ
ニコラ・ブリオー プロフィール
1965年、フランス生まれ。パレ・ド・トーキョー(パリ)創設者の一人であり、1999年から2006年までコ・ディレクター。現在はテート・ブリテン(ロンドン)のグルベンキアン・キュレーター・オブ・コンテンポラリーアートとして2009年2月に開催される第4回テート・トリエンナーレを企画中。著書に、『関係性の美学(Relational Aesthetics)』(1998)、『ポストプロダクション』(2001)など。
アートが社会にできること。これからのアートを学びます。
MAMアートコース 2008-2011
2008年から3年間にわたるレクチャーシリーズ「MAM(マム)アートコース」では、「A:Art(Art)、B:Business(ビジネス)、C:Culture(カルチャー)」の3つのテーマを掲げ、私たちの幅広い関心やニーズにクロスオーバーさせながらアートと社会の関係性を紐解いていきます。USBとのパートナーシップにより「MAMアートコース」、ご好評いただきました第1・2回の講座に続き、秋以降のレクチャーでも皆様のご参加をお待ちしております。
申込期間
2008.9.24(水) ~ 9.24(水)
会場
アカデミーヒルズ49 タワーホール(六本木ヒルズ森タワー49階)
定員
250名(要予約)
料金
一般1,000円 学生・MAMCメンバー500円
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る