MAMアートコース10
第12回「変貌するメディア―ビジネスやアートは新たな価値にどう向き合うのか?」

日英同時通訳付、手話同時通訳付

テクノロジーの進歩によるネット環境の進化とライフスタイルの変化により、メディアの享受環境は激変し、メディア企業は価値転換への対応を迫られています。本講演では作家を含む一般人や一般企業がいかにメディア環境を利用すべきか、また「気軽すぎて気にならないメディア」の台頭と情報認知の変化、ネット上の無料法則等について分析します。さらにメディア変遷による新しい価値変化と可能性について考察し、アートや美術館というメディアについても再考を試みます。

日時
2010年9月28日(火)19:00~21:00
出演
小林弘人(株式会社インフォバーン代表取締役CEO、東京大学大学院・情報学環 非常勤講師)
主催
森美術館、アカデミーヒルズ
協賛
UBSグループ
小林弘人 プロフィール
インフォバーン代表取締役CEO。雑誌『ワイアード』『サイゾー』を創刊。紙メディア以外にも「ギズモード・ジャパン」ほか、数多くのウェブメディアを立ち上げる。眞鍋かをりなど著名人ブログやブログ出版をプロデュース、最近ではツイッター等をいちはやく活用し、ダイソン、書籍『フリー』、日産自動車等のソーシャルメディア・マーケティングを手がけるなど、IT界の仕掛け人としても有名。自著『新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に』。監修・解説・販促を手がけた書籍『フリー~〈無料〉からお金を生み出す新戦略』(クリス・アンダーソン)がベストセラーに。2010年4月より東京大学大学院情報学環で非常勤講師として、旧来から最新のメディアまでのビジネスモデルを教える。
アートが社会にできること。これからのアートを学びます。
MAMアートコース 2008-2011
森美術館では、現代美術をさらに楽しんでいただくための講座「MAM(マム)アートコース」を開催しています。このコースでは「A:Art(Art)、B:Business(ビジネス)、C:Culture(カルチャー)」の3つのテーマを掲げ、アートと社会の関係性を紐解いていきます。2009年度にはアートフェアの役割や現代アートにおける記録と著作権の問題、さらには民主主義の新しい可能性といった幅広いテーマについて考えました。2010年度の第2回目となる第12回では、メディアの変遷について言及しつつ、その新しい価値変化と可能性、さらにはメディアとしてのアートや美術館についても再考します。
申込期間
2010.9.28(火) ~ 9.28(火)
会場
アカデミーヒルズ49(六本木ヒルズ森タワー49階)
定員
150名(要予約)
料金
一般1,000円 学生・MAMCメンバー500円
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る