MAMアートコース10
第11回「アラフォーおひとりさまの生きる道」

日英同時通訳付、手話同時通訳付

アラフォー世代はポスト均等法世代、人口学的には日本における晩婚化、非婚化、少子化の先駆けで、30代後半の女性のシングル率は約15%、大都市圏では3割台にものぼります。女性のシングルライフは、もはやライフステージ上の結婚までの待機の時間ではなく、完全にライフスタイルの選択肢のひとつとなりました。本講演では、アラフォーシングルのこれまでとこれから、その背景と問題点、そして展望を、社会学的に分析し考察します。

日時
2010年6月1日(火)19:00~21:00
出演
上野千鶴子(東京大学大学院人文社会系研究科教授、社会学者)
主催
森美術館、アカデミーヒルズ
協賛
UBSグループ
上野千鶴子 プロフィール
1948年生まれ、京都大学大学院社会学博士課程修了。様々な大学機関で研究及び教鞭を取った後、1995年から現職。専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアで指導的な理論家のひとり。近年は高齢者の介護問題に関わっている。1994年『近代家族の成立と終焉』でサントリー学芸賞を受賞、ほか著書多数。『おひとりさまの老後』『男おひとりさま道』はベストセラーに。新刊に『ひとりの午後に』。
アートが社会にできること。これからのアートを学びます。
MAMアートコース 2008-2011
USBとのパートナーシップにより、2008年から3年間にわたるレクチャーシリーズ「MAM(マム)アートコース」を開催。「A:Art(Art)、B:Business(ビジネス)、C:Culture(カルチャー)」の3つのテーマを掲げ、私たちの幅広い関心やニーズにクロスオーバーさせながらアートと社会の関係性を紐解いていきます。
申込期間
2010.6.1(火) ~ 6.1(火)
会場
アカデミーヒルズ49 タワーホール(六本木ヒルズ森タワー49階)
定員
250名(要予約)
料金
一般1,000円 学生・MAMCメンバー500円
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る