MAMアートコース09
第6回「アーカイヴ・フィーバー:現代アートにおける記録の使用とは」

日英同時通訳付、手話同時通訳付

「ドクメンタ11」(2002年)や「第7回光州ビエンナーレ」(2008年)など数々の展覧会を企画し、また展覧会カタログやアンソロジー、専門誌へ寄稿しているオクウィ・エンウェゾー氏が、現代アートをどのように記録し、またその記録はいかに使用できるのかという課題について、近年の議論と新しい視点を紹介します。

日時
2009年3月29日(日)14:00~16:00
出演
オクウィ・エンウェゾー(キュレーター、批評家、詩人)
主催
森美術館、アカデミーヒルズ
協賛
UBSグループ
オクウィ・エンウェゾー プロフィール
1963年、ナイジェリア生まれ。サンフランシスコ・アート・インスティチュートの副学長であり人文科学部学部長でもある。2002年には「ドクメンタ11」(ドイツ、カッセル)、2008年には第7回光州ビエンナーレ(韓国)のアーティスティックディレクターを務めた。ライターや批評家、編集者としては数々の展覧会カタログやアンソロジー、専門誌へ寄稿し、美術批評専門誌『Nka:ジャーナル・オブ・コンテンポラリー・アフリカン・アート』の創刊者、編集者でもある。本講演では、現代アートをどのように記録し、またその記録はいかに使用できるのかという課題について、近年の議論と新しい視点を紹介する。
アートが社会にできること。これからのアートを学びます。
MAMアートコース 2008-2011
USBとのパートナーシップにより、2008年から3年間にわたるレクチャーシリーズ「MAM(マム)アートコース」を開催。「A:Art(Art)、B:Business(ビジネス)、C:Culture(カルチャー)」の3つのテーマを掲げ、私たちの幅広い関心やニーズにクロスオーバーさせながらアートと社会の関係性を紐解いていきます。
申込期間
2009.3.29(日) ~ 3.29(日)
会場
アカデミーヒルズ49 タワーホール(六本木ヒルズ森タワー49階)
定員
250名(要予約)
料金
一般1,000円 学生・MAMCメンバー500円
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る