SYMPOSIA

国内外で注目されているテーマをアカデミックに議論する場

【開催中止】パネル・ディスカッション
「アジアにおける近現代美術館:パートナーシップの可能性」

パネル・ディスカッション中止のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、本プログラムは中止させていただくこととなりました。楽しみにされていた皆様には誠に申し訳ございません。
すでにチケットをお買い求めいただきましたお客様への払い戻しにつきましては、別途メール等にてご案内させていただきます。 ご理解いただけますようお願い申し上げます。

*申し込み終了

日英同時通訳付

1990年代以降、アジアの経済成長とともに、現代美術館やビエンナーレ、アートフェアなども着実に発展してきました。この間、世界の美術界では多様な文化的、社会的、民族的な背景から生まれた複数のモダニズムが注目され、さまざまな美術の発展を国や地域の枠組みを超えたトランスナショナルな繋がりから捉える研究も進んでいます。一方、グローバル化や新自由主義経済はアート市場を膨張させ、コレクション収集の在り方にも新たな課題を提示しています。いわば多方向に拡大した現代アートの世界を、もはやひとつの館だけで投影することが不可能な時代を迎えているといえるでしょう。アジア太平洋地域の美術館コミュニティが成熟していくなか、これからの時代には、それぞれ固有の設立背景、歴史、コレクション、企画などを有する美術館が、いかに特徴を活かしながらパートナーシップを築いていけるかが問われています。お互いの歴史や社会に敬意を払いつつ、地域内にある美術館や関連組織が有機的かつ効率的に連携・連帯していくことが、より幅広い世界や未来への貢献に繋がるのではないでしょうか。

本パネル・ディスカッションでは、2020年末~2021年初頭に香港で開館予定の大型美術館M+ミュージアム・ディレクター、スハーニャ・ラフェル、東南アジアの近現代美術の収集や理論化に貢献するナショナル・ギャラリー・シンガポール館長およびシンガポール美術館館長ユージン・タン、アジアで最も重要なビエンナーレのひとつとされる光州ビエンナーレの財団理事長キム・ソンジョンを迎え、アジアにおける近現代美術館のパートナーシップの可能性について議論します。

日時
2020年2月5日(水)18:30~20:00(受付開始 18:00)
出演
キム・ソンジョン(光州ビエンナーレ財団 理事長、韓国)
スハーニャ・ラフェル(M+ミュージアム・ディレクター、香港)
ユージン・タン(ナショナル・ギャラリー・シンガポール 館長、シンガポール美術館 館長)
片岡真実(森美術館 館長)

※登壇を予定していたスハーニャ・ラフェル氏は、新型コロナウイルスの影響により、来日ができなくなりました。プログラムにはライブビデオによる参加を予定しています。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

キム・ソンジョン
キム・ソンジョン
撮影:Jung JM
スハーニャ・ラフェル
スハーニャ・ラフェル
ユージン・タン
ユージン・タン
写真提供:シンガポール美術館
主催
森美術館
後援
ArtAsiaPacific

お申し込みについて

  • イベントレジストのシステムを使用しています。(※イベントレジストをはじめてご利用になる方は、最初に会員登録が必要です。)
  • お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
  • 領収証をご希望の方は、お申込完了後、イベントレジストの「マイチケット」ページ内<領収証データ>ボタンをクリックしてください。領収証データが表示されます。
  • ご記入いただいた個人情報は、本イベント運営に伴う管理およびご連絡にのみ利用いたします。
  • 出演者は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。
  • 当日は、記録および広報のための写真、動画撮影を行う場合があります。ご参加の際はあらかじめご了承ください。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
申込期間
2020.1.6(月) ~ 1.28(火)
会場
アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
定員
150名(要予約)
料金
1,500円
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
Tel:03-6406-6101(11:00~17:00 土日祝日・年末年始を除く)
メールでのお問い合わせ
カテゴリー
シンポジウム
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る