アージェント・トーク037:
デュシャン賞受賞者 エリック・ボードレール《アン・フィルム・ドラマティーク》上映+トーク

*申し込み終了

日英同時通訳付
映画字幕:日本語、英語

本プログラムでは、2019年にマルセル・デュシャン賞を受賞したエリック・ボードレールを迎え、最新作《アン・フィルム・ドラマティーク》(2019年)の上映とアーティストトークを開催します。

アーティスト、映画監督であるエリック・ボードレールは、戦争、災害、争いなどのイメージが、どのように生成され社会で消費されているかを問う映像と写真を多く手掛けてきました。センセーショナルな報道のあり方に疑問を投げかけるボードレールの作品は、都市や地方の景色に注意深くカメラを向け、ありふれた風景に潜む権力構造や暴力の傷跡をあらわにします。《アン・フィルム・ドラマティーク》を制作するにあたり、ボードレールはパリ郊外の中等学校に4年間足を運び、大人へと少しずつ成長する同校の生徒たちと、生徒たち自身の日々の生活を記録する映画を共同で制作しました。生徒たちの行動や言葉は、移民やテロの問題で揺れるフランスの政治情勢のなかで、自己のアイデンティティを模索することの難しさをあぶり出します。

※当日上映する映像は、本プログラムためにアーティストが短く編集した特別版です。

日時
2020年2月10日(月)19:00~21:00(受付開始 18:30)
出演
エリック・ボードレール(アーティスト、映画監督)
モデレーター
片岡真実(森美術館 館長)
アン・フィルム・ドラマティーク(Un Film Dramatique)
2019年、114分、フランス語、日本語・英語字幕付き
監督:エリック・ボードレール
アン・フィルム・ドラマティーク(Un Film Dramatique)
2019年、114分、フランス語、日本語・英語字幕付き
監督:エリック・ボードレール

エリック・ボードレール

1973年米国生まれ、フランス在住。エリック・ボードレールはこれまで世界各地の映画祭で長編映画を発表し、ヴィット・デ・ウィット現代美術センター(ロッテルダム、オランダ)、フリデリチアヌム美術館(カッセル、ドイツ)、ベイルート・アート・センター、ガスワークス(ロンドン)、ハマー美術館(ロサンゼルス)などで個展を開催。また、ホイットニー・ビエンナーレ2017(ニューヨーク)、ヨコハマ・トリエンナーレ2014、メディアシティ・ソウル2014年など、多数の国際展に参加している。

マルセル・デュシャン賞

マルセル・デュシャン賞は、フランス人およびフランス在住のアーティストの活動を支援し、国際的に紹介することを目的に設立された。ポンピドゥー・センター国立近代美術館とフランス現代美術国際化推進会(ADIAF)の協力で運営され、同国で最も権威のある芸術賞として広く認知されている。森美術館では2011年、同賞の歴代のグランプリ受賞者と一部最終選考作家を紹介する展覧会「フレンチ・ウィンドウ展:デュシャン賞にみるフランス現代美術の最前線」を開催した。

主催
森美術館

お申し込みについて

  • 出演者は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、お問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意のうえ、お申し込みください。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。
  • 当日は、記録および広報のための写真、動画撮影を行う場合があります。ご参加の際はあらかじめご了承ください。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
  • お申し込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
  • お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールマガジン」を送信させていただきます。
申込期間
2020.1.21(火) ~ 2.4(火)
会場
森美術館オーディトリアム
定員
80名(要予約)
料金
無料(ただし、当日有効の森美術館の展覧会チケットが必要です)
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
Tel:03-6406-6101(11:00~17:00 土日祝日・年末年始を除く)
 
カテゴリー
シンポジウム
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る