MAM

  • 森美術館トップページ
  • 展覧会一覧
  • ENGLISH

イベント情報

プログラム

特別企画


【プログラム】

■トークセッション ※日英同時通訳付

「世界を俯瞰する絵画、日常を観察する絵画」

N・S・ハルシャは、日常の出来事から宇宙空間まで、細部と全体像の間で視点を往来させながら、この世界を観察しています。そこから生まれる作品には、インドの伝統美術、グローバル企業のインド進出、国際的な現代アート界から、動植物の世界、伊藤若冲や葛飾北斎など日本の絵師までが参照され、時代も場所も超越して多方向に繋がっています。
多様な表現のなかで中心になるのは「絵画」。本トークセッションでは、世界を俯瞰する絵画、日常を観察する絵画を糸口に、N・S・ハルシャ、山下裕二、会田誠が、本展キュレーターとともに議論します。

出演: N・S・ハルシャ
山下裕二(明治学院大学教授)
会田誠(美術家)
片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター)

日時:2017年2月4日(土)19:00-21:00(開場:18:30)
会場:アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
定員:150名(要予約)
料金:一般1,800円(展覧会チケット付)、MAMCメンバー無料
主催:森美術館
協力:アカデミーヒルズ
お申し込み:こちら
*手話同時通訳のご利用をご希望の方は、2017年1月26日(木)までにppevent-mam@mori.co.jpへご連絡ください。

お申し込み・お支払い方法

  • イベントレジストのシステムを使用しています。(※イベントレジストをはじめてご利用になる方は、最初に会員登録が必要です。)
  • お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
  • 領収証をご希望の方は、お申込完了後、イベントレジストの「マイチケット」ページ内<領収証データ>ボタンをクリックしてください。領収証データが表示されます。
  • ご記入いただいた個人情報は、本イベント運営に伴う管理およびご連絡にのみ利用いたします。

左)山下裕二
右)会田 誠
Courtesy: Mizuma Art Gallery

■アーティストトーク ※日英逐次通訳付

「出展作品《ここに演説をしに来て》の世界」

6点組の本展出展作品《ここに演説をしに来て》(2008年)は、細部をよく見ると、誰もが知っている物語の登場人物や有名アーティストたちの姿が描かれています。本プログラムでは、この作品に特別に焦点をあて、作品に描かれた物語についてアーティスト自らが展示室内で語ります。

出演:N・S・ハルシャ

日時:2017年2月15日(水)19:00-20:00(受付開始:18:45)
会場:森美術館展示室内
定員:40名(要予約)
料金:無料(要展覧会チケット)
お申し込み:終了いたしました
* 手話同時通訳のご利用をご希望の方は、2017年2月6日(月)までにppevent-mam@mori.co.jpへご連絡ください。

お申し込み・お支払い方法

  • イベントレジストのシステムを使用しています。(※イベントレジストをはじめてご利用になる方は、最初に会員登録が必要です。)
  • お申し込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
  • 領収証をご希望の方は、お申込完了後、イベントレジストの「マイチケット」ページ内<領収証データ>ボタンをクリックしてください。領収証データが表示されます。
  • ご記入いただいた個人情報は、本イベント運営に伴う管理およびご連絡にのみ利用いたします。

《ここに演説をしに来て》(部分)
2008年
アクリル、キャンバス
182.9×182.9cm(×6)

■ティーンズ・プログラム ※日本語のみ

「アーティストと出会う」

中学3年生以上の10代(15~19歳)を対象に、展覧会をじっくり鑑賞した後に自らの言葉で語り合うプログラムです。
プログラム最終日にはN・S・ハルシャとも直接語り合います。

日程:全3回(2017年2~4月の各月1回ずつ)開催予定
会場:森美術館展示室内
対象:15~19歳
定員:15名程度(要予約、先着順)
料金:無料
*本プログラムは、3日間にわたるプログラムにつき、全日程の参加が必須となります。あらかじめご了承いただいたうえでお申し込みください。
*開催日などプログラム詳細は、後日、当ウェブサイトでお知らせします。

■キッズ・ワークショップ「フューチャー:未来の夢」

小学生を対象に、将来成りたい「大人」について想像するワークショップです。N・S・ハルシャと一緒に「未来の夢」について想像し、ビジネスマンが着るような大人サイズのシャツにそれぞれの夢を描きます。子どもたちが描いたシャツは展覧会場に展示されます。

*こちらのワークショップへの参加申し込みは終了しました。

■「フューチャー:未来の夢」行進 in 六本木ヒルズ

ワークショップの参加者である約100人の子どもたちが、それぞれの夢を描いたシャツを着て、ビジネスマンが多く働く六本木ヒルズ内を行進します。

日程:2017年1月30日(月)午前 *雨天決行
場所:六本木ヒルズ内
*当日の時間およびその他のプログラム詳細は、後日、当ウェブサイトでお知らせします。

《未来》
2007年
ワークショップ風景:鄧公國民小学校、新北市、台湾、2007年

■キッズ・ワークショップ「ナイト・ジャーニー:夜への旅」 ※日英逐次通訳付

東京の「夜」はどんな色?どんな時間?夜の街では何が起きているのかな?本プログラムは、N・S・ハルシャと「夜」について考えるワークショップです。1日目はアーティストといっしょに「夜」について想像し、いつもの自分とは違う何かに変身することに想像を膨らませます。2日目は自身で想像した姿に変身した子どもたちが六本木の街へ繰り出し、東京の「夜」をスケッチします。

出演: N・S・ハルシャ

日程: 1日目 2017年4月22日(土)
2日目 2017年4月23日(日)

*本プログラムは、2日間通しのプログラムにつき、全日程の参加が必須となります。あらかじめご了承いただいたうえでお申し込みください。
*当日の時間およびその他のプログラム詳細は、後日、当ウェブサイトでお知らせします。

■「ヨガしてアート―身体を動かしてアート鑑賞 Supported by Reebok」

N・S・ハルシャの住むインドのマイスールは、アシュタンガヨガで知られています。開館前の展示室内で、N・S・ハルシャの作品に囲まれながら、ヨガとアート鑑賞の両方を体験できるプログラムです。通学、出勤前の朝を森美術館で過ごしてみませんか。

主催:森美術館
協力:リーボック
*会期中、数回にわたって開催予定
*開催日およびプログラム詳細は、後日、当ウェブサイトでお知らせします。

【特別企画】

■森美術館緊急プレ・トーク:N・S・ハルシャ ※日英逐次通訳付 ※終了しました

森美術館では、2017年2月、インドを代表する現代アーティストのひとり、N・S・ハルシャの個展を開催します。彼の作品には、生まれ故郷である南インド、マイスールの伝統文化や自然環境、人間と動植物との関係などが反映されています。多様なメディアを使って表現していますが、なかでも子どもを対象にしたワークショップを世界各地で行い、高い評価を得ています。
展覧会に先立ちN・S・ハルシャが来日することになりました。コミュニティとアートについて語るトークイベントの開催が急きょ決定!ご参加お待ちしています。

日時:2016年4月22日(金)19:00-20:30

出演:N・S・ハルシャ(アーティスト)
聞き手:片岡真実(森美術館チーフ・キュレーター)
会場:ヒルズ カフェ/スペース(六本木ヒルズ ヒルサイド2階)
定員:80名
料金:無料(当日先着順)
※カフェのメニューから必ず一品ご注文ください。

N・S・ハルシャ《大志と夢:カルナータカ州トゥムクールにあるTVS校のためのプロジェクト》2005年Courtesy: TVS Academy, Tumkur, India

《大志と夢:カルナータカ州トゥムクールにあるTVS校のためのプロジェクト》
2005年
Courtesy: TVS Academy, Tumkur, India
*参考図版

【イベントカレンダー】

※出演者は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
※その他、ギャラリートーク、ワークショップ、学校プログラム、ファミリープログラム、アクセスプログラムなどを多数予定しています。

お申し込みについて

  • 予約方法、申し込み開始日は、プログラムによって異なります。
  • 先着順のものは受付完了のご連絡をもって、抽選のものは、当選のご連絡をもって申し込み完了となります。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、下記までお問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。
  • 2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意の上お申し込みください。
  • 明記しているプログラム以外は、プログラム料金に展覧会入館料は含まれません。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。

個人情報の扱いに関して

当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
申込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールマガジン」を送信させていただきます。

プログラムに関するお問い合わせ

森美術館 プログラム担当(月-金 11:00-17:00)

電話: 03-6406-6101(直通)
Eメール:ppevent-mam@mori.co.jp

▲ PAGE TOP