展覧会

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

環境危機に現代アートはどう向き合うのか?

2023.10.18(水)~ 2024.3.31(日)

関連企画

エルメス財団「エコロジー:循環をめぐるダイアローグ」展

本展では森美術館を一つの生態系と捉え、自館を超えて他機関と有機的な共生関係を築くべく、エルメス財団と対話を重ねてきました。その結果、森美術館と銀座メゾンエルメスフォーラムというふたつの場所、またその間に広がる都市との繋がりも持ちながら、エコロジーの考察を拡張する展示を行うこととなりました。
銀座メゾンエルメス フォーラムでは「エコロジー:循環をめぐるダイアローグ」展が開催されます。
保良雄とケイト・ニュービーは、両機関の展覧会に出展することで、二つの生態系を繋ぐ存在ともなっています。

「エコロジー:循環をめぐるダイアローグ」
ダイアローグ1:「新たな生」崔在銀(チェ・ジェウン)展
会期
2023年10月14日(土)~2024年1月28日(日)
webFLYER67_A4_P1.jpg
webFLYER67_A4_P1.jpg
ダイアローグ2:「つかの間の停泊者」展|ニコラ・フロック、ケイト・ニュービー、保良雄、ラファエル・ザルカ
会期
2024年2月16日(金)~5月31日(金)
※保良雄、ケイト・ニュービーは、ダイアローグ2に出展
webFLYER67_A4_P3.jpg
webFLYER67_A4_P3.jpg
会場
銀座メゾンエルメス フォーラム
主催
エルメス財団
展覧会ウェブサイト
https://www.hermes.com/jp/ja/story/maison-ginza/forum/231014/

トーク・プログラム開催!

トーク「地層について考える」

日時:2024年2月22日(木)19:00~20:00(開場:18:45)
出演:保良 雄(本展出展アーティスト)、説田礼子(エルメス財団キュレーター)
聞き手:椿 玲子(森美術館キュレーター)
お申し込み:こちら


撮影に関する注意事項

「私たちのエコロジー」展では、一部の作品を除き、写真・動画撮影が可能です。
撮影の際は以下の注意事項を必ずご確認ください。

がついている作品の写真・動画撮影はできません。

が付いている作品の写真・動画撮影できません。詳しくはこちら

撮影に際して

  • 作品に触れないでください。
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
  • フラッシュの使用はご遠慮ください。
  • 三脚や自撮り棒の使用はご遠慮ください。
  • 動画撮影は1分以内に限ります。

撮影された写真/動画の利用に関して

  • 撮影された写真/動画は、非営利目的でのみ利用できます。営利目的には利用できませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真/動画に変更を加えることはできません。
  • 上記写真/動画の使用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で許諾されています。
    撮影した写真/動画をブログや写真共有サービスなどに利用する場合は、以下のとおり表示してください。

表記例

作家名・作品名:エミリヤ・シュカルヌリーテ《時の矢》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際」ライセンスの下で許諾されています。

※クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細や表示については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
※撮影された写真/動画に来館者が写っている場合、その写真/動画の公表にあたって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。


「キース・へリング展」からお得に森美術館へ

森アーツセンターギャラリーで開催中の「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」のチケットをお持ちの方は、「私たちのエコロジー」展にお得な追加料金でご入館いただけます。

対象
「キース・へリング展」のチケットをお持ちの方
キャンペーン期間
2023年12月9日(土)~2024年3月31日(日)
料金
一般・学生(高校・大学生)・シニア(65歳以上) 一律1,000円
子供(4歳~中学生) 500円 ※12月22日(金)より子供が料金が無料になる「おやこでエコ割」キャンペーン実施中。詳細はこちら

※森アーツセンターギャラリー 専用オンラインサイト、チケットカウンター(六本木ヒルズ森タワー3階)等で「キース・へリング展」のチケットをご購入いただくと、クーポンが発行されます。
※招待券やプレイガイドで購入したチケットをお持ちの場合は、ご来館当日、チケットカウンターにてクーポンを発行いたします。
※クーポンをご利用いただくことで、お得な料金が適用となります。
※森アーツセンターギャラリー 専用オンラインサイトで発行したクーポンは、オンラインサイトでのみ、ご利用いただけます。
※チケットカウンターで発行したクーポンは、52階の自動券売機で「私たちのエコロジー」展チケットをご購入の際に、ご利用ください。
※他の割引との併用はできません。

「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」
会期:開催中~2024年2月25日(日)
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)


「おやこでエコ割」キャンペーン実施

「私たちのエコロジー」展は、地球という惑星の生態系を取り巻く環境について、過去を振り返り、未来の可能性を探る展覧会です。未来を担う多くの子供たちにこの展覧会をみてもらいたい、という思いから、子供料金が無料となる「おやこでエコ割」を実施します。
この冬、森美術館でアートをとおして親子でエコロジーを考えてみませんか。

おやこでエコ割
おやこでエコ割

「おやこでエコ割」

対象
家族で来館されると、子供は無料になります。
料金
子供(4歳~中学生)は無料(保護者と同時入館の際に適用となります)
※通常の子供料金:
[平日]当日窓口800円、オンライン700円
[土・日・休日]当日窓口900円、オンライン800円
※当日、年齢がわかるものをご持参ください。
期間
2023年12月22日(金)~2024年3月31日(日)

ジュニアガイド

作品鑑賞のポイントをわかりやすく紹介するショート解説「ジュニアガイド」のパネルを会場内に用意しました。ぜひ読んでみてください。

ガイド件数
13件(日英バイリンガル)
※展覧会第2章、および一部の作品についてのショート解説を、作品横に掲出します。
掲出期間
2023年12月22日(金)~2024年3月31日(日)
ジュニアガイド
ジュニアガイド

西條 茜 パフォーマンス「Phantom Body」

本展で展示している西條茜の作品を用いたパフォーマンスを開催します。陶の作品《果樹園》(2022年)、《湿地》(2022年)、《幼き山》(2023年)は、息を吹き込み演奏することもできる構造をしています。複数のパフォーマーがひとつの作品を同時に奏で、抽象彫刻を通して繋がっている様子は、ひとつの臓器を共有しているかのようにも見えます。人と人、人とものの間で交わされる緩やかなコミュニケーションと作品から鳴り響く重低音をぜひ体感ください。

日時
2024年2月3日(土)
第1回 11:00~11:20
第2回 14:00~14:20
第3回 16:00~16:20
出演
遠藤リョウノスケ(ダンサー)
大井卓也(音楽家、声楽家)
宮木亜菜(美術家)
会場
本展展示室内
お申し込み
不要
※当日有効の本展チケットを購入のうえ、直接展示室へお越しください。
西條 茜
西條 茜
展示風景:「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」森美術館(東京)2023-2024年
撮影:木奥惠三
西條 茜
西條 茜
展示風景:「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」森美術館(東京)2023-2024年
撮影:木奥惠三

保良 雄 パフォーマンス「美術鑑賞」

出展作家の保良雄による、本展ギャラリー内でのパフォーマンスを開催します。
階級制度が厳しかった中世社会における道化師(クラウン)は、先天的に肉体的に障がいを持つ人が演じる場合が多く、愚者として扱われる一方で、唯一自由にふるまうことが許された存在でもありました。本展を自由に、ユーモアを交えて鑑賞する道化師(クラウン)たちは、「美術鑑賞」そのものを解体することで、展覧会のあり方や鑑賞者の立ち位置を自由にしてくれます。美術館という固定観念化された鑑賞の場に現れたかれらは、「私たちのエコロジー」展が提起している不確かな未来について、自由な対話を促してくれるでしょう。

日時
2024年2月22日(木)
第1回 11:00~12:00
第2回 15:00~16:00
第3回 20:00~21:00
パフォーマー(道化師[クラウン])
山口 淳、佐々木 諒
会場
本展展示室内
お申し込み
不要
※パフォーマンスは展示順に移動しながら行われます。
※当日有効の本展チケットを購入のうえ、直接展示室へお越しください。

トーク・プログラム開催!

トーク「地層について考える」

日時:2024年2月22日(木)19:00~20:00(開場:18:45)
出演:保良 雄(本展出展アーティスト)、説田礼子(エルメス財団キュレーター)
聞き手:椿 玲子(森美術館キュレーター)
お申し込み:こちら

保良 雄《fruiting body》
保良 雄
《fruiting body》(部分)
2023年
岩塩(パキスタン)、絹糸(群馬)、海水(太平洋)、スラグ(東京)、大理石(山口、ベトナム、イタリア、スペイン、イラン、パキスタン、トルコ、ベルギー)、石灰岩(ドイツ)、玄武岩(静岡、イタリア)、砂岩(インド)、電球、ポンプ、二進数でコントロールされた機械(2023年3月13日ネパール、アンナプルナで収録した鳥の声)
サイズ可変
エンジニア:齋藤雄介
制作協力:関ヶ原石材株式会社、J&T環境株式会社、東洋紡糸工業株式会社、株式会社たけやま、Bioworks株式会社、有限会社インパクトアートワークス、井上修志、大塚諒平、塩原有佳、角田理沙
展示風景:「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」森美術館(東京)2023-2024年
撮影:木奥惠三
保良 雄《fruiting body》
保良 雄
《fruiting body》(部分)
2023年
岩塩(パキスタン)、絹糸(群馬)、海水(太平洋)、スラグ(東京)、大理石(山口、ベトナム、イタリア、スペイン、イラン、パキスタン、トルコ、ベルギー)、石灰岩(ドイツ)、玄武岩(静岡、イタリア)、砂岩(インド)、電球、ポンプ、二進数でコントロールされた機械(2023年3月13日ネパール、アンナプルナで収録した鳥の声)
サイズ可変
エンジニア:齋藤雄介
制作協力:関ヶ原石材株式会社、J&T環境株式会社、東洋紡糸工業株式会社、株式会社たけやま、Bioworks株式会社、有限会社インパクトアートワークス、井上修志、大塚諒平、塩原有佳、角田理沙
展示風景:「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」森美術館(東京)2023-2024年
撮影:木奥惠三

「私たちのエコロジー」展来場者限定!
「オラファー・エリアソン展」窓口料金1,000円引きキャンペーン

国際的に活躍するアーティスト、オラファー・エリアソンは、近年、気候変動などの社会的課題への積極的な取り組みでも注目されています。
「私たちのエコロジー」展のご来場のみなさまを対象に、麻布台ヒルズギャラリーで開催中の「オラファー・エリアソン展:相互に繋がりあう瞬間が協和する周期」がお得に鑑賞できる特別キャンペーンを実施いたします。
ぜひ2つの展覧会をお楽しみください。

「私たちのエコロジー」展来場者限定!
「オラファー・エリアソン展」窓口料金1,000円引きキャンペーン

対象
「私たちのエコロジー」展のチケットをお持ちの方
期間
2024年2月5日(月)~3月10日(日)
料金

一般、学生は窓口料金が1,000円引き

一般 2,000円 → 1,000円
高校・専門・大学生 1,400円 → 400円

※「オラファー・エリアソン展」のチケットカウンターで、森美術館「私たちのエコロジー」展チケットの半券をご提示ください。
※オンラインチケットの場合は、スマートホンの画面またはプリントアウトなどをご提示ください。
※他の割引との併用はできません。
※「オラファー・エリアソン展」を先に鑑賞した場合、本キャンペーンは対象外となります。

オラファー・エリアソン《束の間の家》
オラファー・エリアソン
《束の間の家》
2010年
水、ホース、ポンプ、ストロボライト
サイズ可変
展示風景:「麻布台ヒルズギャラリー開館記念 オラファー・エリアソン展:相互に繋がりあう瞬間が協和する周」麻布台ヒルズギャラリー(東京)、2023-2024年
撮影:中戸川史明
オラファー・エリアソン《束の間の家》
オラファー・エリアソン
《束の間の家》
2010年
水、ホース、ポンプ、ストロボライト
サイズ可変
展示風景:「麻布台ヒルズギャラリー開館記念 オラファー・エリアソン展:相互に繋がりあう瞬間が協和する周」麻布台ヒルズギャラリー(東京)、2023-2024年
撮影:中戸川史明

麻布台ヒルズギャラリー開館記念
「オラファー・エリアソン展:相互に繋がりあう瞬間が協和する周期」

会期:開催中~2024年3月31日(日)
会場:麻布台ヒルズギャラリー(東京都港区虎ノ門5-8-1 麻布台ヒルズ ガーデンプラザA MB階)
展覧会特設サイト:https://www.azabudai-hills.com/azabudaihillsgallery/sp/olafureliasson-ex/
アクセス:東京メトロ日比谷線「神谷町駅」5番出口直結
https://www.azabudai-hills.com/azabudaihillsgallery/sp/olafureliasson-ex/about/

基本情報
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る