COMMUNITY PROGRAMS

まちと美術館を繋ぐプログラム、近隣コミュニティ・特定の関心を共有するコミュニティと行うワークショップ

まちと美術館のプログラム「六本木ヒルズ15周年記念インスタレーション」

六本木ヒルズのシンボルとして、また待ち合わせ場所として定着している66プラザのルイーズ・ブルジョワによる巨大彫刻《ママン》。広場の環境が、新進気鋭のテキスタイルアーティスト、マグダ・セイエグの手により、まったく新しい風景に生まれ変わります。セイエグは、日常的な都市空間を、毛糸の編み物で覆い、街の見え方を一変させるアートプロジェクトを続けており、今回がアジア初出展となります。

※4月25日(水)から展開しています
※会場(六本木ヒルズ 66プラザ)に直接お越しください。 お申し込みは不要です。

まちと美術館のプログラム「六本木ヒルズ15周年記念インスタレーション」
Louise Bourgeois’s 1999 bronze sculpture Maman wrapped in fabric by Magda Sayeg in a temporary installation at Roppongi Hills, Tokyo, April-May 2018. ©The Easton Foundation/Licensed by JASPAR, Tokyo and VAGA, New York
日時
2018年5月26日(土) 10:00~5月27日(日) 18:00
※4月25日(水)から展開しています
マグダ・セイエグ

マグダ・セイエグ

2005年よりYarn bombing(糸爆撃)と呼ばれるゲリラアートを始める。代表作品は、話題になったメキシコシティでのバスや、ローマ、エスポジツィオーネ美術館での個展などがある。彼女の作品は世界各地で大規模なインスタレーションへと進化し、コムデギャルソンやCRファッションブック、アブソリュートウォッカ、インサイト51、ミニクーパー、ギャップ、スマートカーなどの企業からの依頼制作や共同制作も行っている。また、広州繊維アートトリエンナーレ、ミラノトリエンナーレ、パリのLe M.U.R.、スウェーデンアートスペースフェスティバル、オーストラリア国立ギャラリーなど、多くのショーにも参加を続けている。

申込期間
2018.4.25(水) ~ 5.27(日)
会場
六本木ヒルズ 66プラザ
料金
無料
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
Tel:03-6406-6101(月~金 11:00~17:00)
メールでのお問い合わせ
カテゴリー
コミュニティ
対象
キッズ&ファミリー
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る

関連プログラム

もっと見る

関連ニュース

もっと見る