EXHIBITION-RELATED PROGRAMS

シンポジウム、レクチャー、ギャラリートーク、アーティストトークなど

森美術館×オックスフォード大学
国際シンポジウム「カタストロフの時代の美術:アーティストと文化施設の取り組み」

日英同時通訳、手話同時通訳付

カタストロフ(大惨事)に直面した時、美術はどのような役割を果たせるのか。その可能性を多様なゲストを迎えて考察します。オックスフォード大学のアンソニー・ガードナー氏の基調講演のあと、パネルⅠでは、出展アーティストや研究者とともに人間の危機的状況における「アートの力」について考えます。パネルⅡでは、東日本大震災にフォーカスし、美術館を含む文化施設の動きやその後のアート界における変化について語り合います。

日時
2018年12月15日(土) 11:00~17:00(受付開始 10:30)
出演
アンソニー・ガードナー(オックスフォード大学ラスキン・スクール・オブ・アート所長)、シェバ・チャッチ(アーティスト)、米田知子(アーティスト)、蔵屋美香(東京国立近代美術館企画課長)、高田彩(ビルド・フルーガス代表)、竹久侑(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)、エミリア・テラティーノ(オックスフォード大学ラスキン・スクール・オブ・アート博士研究員)、ジェイソン・ウェイト(オックスフォード大学ラスキン・スクール・オブ・アート博士号課程在籍)他
モデレーター
近藤健一(森美術館キュレーター)
主催
ラーニング・プロジェクト実行委員会
助成
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、グレイトブリテン・ササカワ財団、モンドリアン財団
アーツカウンシル東京 グレイトブリテン・ササカワ財団 モンドリアン財団

お申し込みについて

  • 出演者は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、お問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意のうえ、お申し込みください。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
  • お申し込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
  • お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールマガジン」を送信させていただきます。

参加する

参加する

申込期間
2018.10.5(金) ~ 12.14(金)
会場
アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階)
定員
150名(要予約)
料金
無料
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
Tel:03-6406-6101(月~金 11:00~17:00)
メールでのお問い合わせ

*手話同時通訳のご利用をご希望の方は、イベント名を明記のうえ、2018年12月5日(水)までにmam-learning@mori.co.jpへご連絡ください。

カテゴリー
展覧会関連
対象
一般
タグ

参加する

  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る