EXHIBITION-RELATED PROGRAMS

シンポジウム、レクチャー、ギャラリートーク、アーティストトークなど

山内祥太 アーティストトーク

*申し込み終了

「MAMプロジェクト030×MAMデジタル:山内祥太」関連プログラム
日英同時通訳、手話同時通訳付

本展出展アーティストの山内祥太が、自作について語ります。

ご来館の際は、
・「新型コロナウイルス感染症対策への取り組みについて」を必ずお読みください。
・ご入館に際して、体温モニタリング、検温、マスク着用は必須となります。

出演
山内祥太(本展出展アーティスト)
聞き手
椿 玲子(森美術館キュレーター)
日時
2023年2月7日(火)19:00~20:30(開場:18:20)
※美術館は17:00で閉館し、18:20よりお申し込みいただいた方のみに「MAMプロジェクト030×MAMデジタル:山内祥太」展を再オープンします。
※手話同時通訳をご希望の方は、イベント名を明記のうえ、2023年2月2日(木)までにmam-learning@mori.co.jpへご連絡ください。
山内祥太《カオの惑星》
山内祥太
《カオの惑星》
2022年
インタラクティブ・ミクストメディア・インスタレーション
システムエンジニア:曽根光揮、早川翔人
3Dモデリング:加藤大介
サウンド:小松千倫
展示風景:「MAMプロジェクト030×MAMデジタル:山内祥太」森美術館(東京)2022-2023年
撮影:木奥惠三
山内祥太《カオの惑星》
山内祥太
《カオの惑星》
2022年
インタラクティブ・ミクストメディア・インスタレーション
システムエンジニア:曽根光揮、早川翔人
3Dモデリング:加藤大介
サウンド:小松千倫
展示風景:「MAMプロジェクト030×MAMデジタル:山内祥太」森美術館(東京)2022-2023年
撮影:木奥惠三

山内祥太

1992年岐阜県生まれ、神奈川県在住。2014年金沢美術工芸大学彫刻科卒業、2016年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。主な個展に「第二のテクスチュア(感触)」GalleryTOH(東京、2021年)、「Ballet Mécanique」RICOH ART GALLERY(東京、2022年)、「愛とユーモア」EUKARYOTE(東京、2022年)など。主なグループ展に「六本木クロッシング2019展:つないでみる」森美術館(東京、2019年)、「多層世界の中のもうひとつのミュージアム—ハイパーICCへようこそ」NTTインターコミュニケーション・センター [ICC](東京、2021年)、「鈴木大拙展 Life=Zen=Art」ワタリウム美術館(東京、2022年)、「リボーンアート・フェスティバル2021-22」(宮城県、2022年)、「アルスエレクトロニカ・フェスティバル2022」(オーストリア、リンツ、2022年)など。主な受賞歴に「TERRADA ART AWARD 2021」金島隆弘賞・オーディエンス賞、「第25回文化庁メディア芸術祭」アート部門優秀賞など。

山内祥太
撮影:木奥惠三

お申し込みについて

  • 内容は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、お問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意のうえ、お申し込みください。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
  • お申し込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
  • お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールマガジン」を送信させていただきます。
 
申込期間
2023.1.12(木) ~ 2.5(日)
会場
森美術館オーディトリアム
定員
50名(要予約、先着順)
料金
無料
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
メールでのお問い合わせ
カテゴリー
展覧会関連
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る

LEARNING

その他のおすすめのプログラム

プログラムを探す