展覧会

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

レアンドロ・エルリッヒ、過去最大の個展!

2017.11.18(土)~ 2018.4.1(日)

レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。
大型のインスタレーションから映像まで、エルリッヒの作品は視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。一見どこにでもある見慣れた風景ですが、よく見ると、水がないのに舟が浮かんでいたり、人々がさまざまなポーズで壁に張り付いていたりと、その異様な光景に観客は驚きと違和感を覚えることでしょう。自分が見ていることは果たして現実なのか、という疑いを抱くとともに、いかに無意識のうちに習慣にとらわれて物事を見ているか、という事実に気付くのです。
本展は、エルリッヒの24年にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展です。1995年から2017年までに制作された作品のうち約40点を紹介し、その8割が日本初公開となります。作品を通してわたしたちは、見るという行為の曖昧さを自覚し、惰性や習慣、既成概念や常識などを取り払い、曇りのない目で物事を「見る」ことで、新しい世界が立ち現われてくることを、身をもって体験することになるでしょう。

《建物》 2004年 リノリウムにデジタルプリント、照明、鉄、木材、鏡 800×600×1,200 cm 展示風景:ニュイ・ブランシュ、パリ、2004年※参考図版
《建物》 2004年
リノリウムにデジタルプリント、照明、鉄、木材、鏡
800×600×1,200 cm
展示風景:ニュイ・ブランシュ、パリ、2004年
※参考図版
開催概要
チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る