展覧会

未来と芸術展(仮題)

2019.11.19(火)~ 2020.3.29(日)

 新しい科学技術の発達は、今、人間の生活のさまざまな側面に大きな影響を与えようとしています。近い将来、人間は多くの判断を人工知能に任せるようになり、シンギュラリティの到来とともに生活スタイルは大きく変わるかもしれません。ブロックチェーン技術も社会システムに新しい信用と価値を作り出すでしょう。さらに、多様なバイオ技術は、食や医学、そして環境に多大な影響を与えることになるでしょう。自分たちの身体機能を拡張させることができ、また、長寿を享受する時代がもうすぐやってくるかもしれません。

 そうした変化は決して明るいものだけではないかもしれません。しかし我々は、少なくとも20-30年後の未来を思い描き、その新しい世界の可能性について考えることも必要なのではないでしょうか。それは同時に、豊かさとは何か、人間とは何か、生命とは何かという根源的な問いにもつながるのです。
 本展は、人工知能、バイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)など最新の科学技術と、その影響を受けて生まれたアート、デザイン、建築を通して、近未来の人間像やライフスタイル、環境問題を考察する展覧会です。

長谷川 愛《(不)可能な子供:鬼ごっこ》
長谷川 愛
《(不)可能な子供:鬼ごっこ》
2015年
デジタルプリント
ビャルケ・インゲルスとヤコブ・ランゲ
《球体》
2018年
開催概要
チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る