EXHIBITION-RELATED PROGRAMS

シンポジウム、レクチャー、ギャラリートーク、アーティストトークなど

国立新美術館「第21回DOMANI・明日展」×森美術館「六本木クロッシング2019展」連携プログラム
トークセッション2「アートの実践を通じて、2021年以後を考える」

「六本木クロッシング2019展」関連プログラム
日本語のみ

竹川宣彰が「六本木クロッシング2019展」に出展する《猫オリンピック》(2018年)は東京オリンピックへの批評的な問いを投げかけています。だれのためのオリンピックなのか、狂騒の裏で何が犠牲になっているのか。オリンピック以降の日本の政治について再考することも促します。一方で、山形を拠点に活動する三瀬夏之介は、これからの都市と地方の関係について考察しています。三瀬は、2018年に開催された山形ビエンナーレで「現代山形考–修復は可能か? 地域・地方・日本–」展をキュレーションしました。山形で失われつつある近代以前の美術作品や文化財をとおして、私たちと美術の関係についてあらためて考えさせる内容は、日本の多くの地域で切実な問題だといえます。本トークでは、2020年に向けてますます東京への一極集中化が進むなか、ふたりのアーティストの異なる視点から、2021年以後の日本を考えます。

日時
2019年3月2日(土)14:00~15:30 (受付開始 13:30)
出演
竹川宣彰(「六本木クロッシング2019展」出展アーティスト)、三瀬夏之介(「第21回DOMANI・明日展」出展アーティスト)、德山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)
竹川宣彰
竹川宣彰
三瀬夏之介
三瀬夏之介
撮影:Shikama Kohei

お申し込みについて

  • 出演者は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • お申し込み後は、当館より受付完了のメールをお送りいたします。メールが届かない場合は、お申し込みが登録されていない場合がありますので、お問い合わせください。
  • システムの都合上、1個のメールアドレスで2名以上の申し込みはできません。2名以上でのお申し込みの場合は、大変お手数ですが、必ず人数分のメールアドレスをご用意のうえ、お申し込みください。
  • 表示料金はすべて消費税込みです。

個人情報の扱いに関して

  • 当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報は、当社のプライバシーポリシーにもとづき利用させていただきます。
  • お申し込みページではSSL暗号化通信によりお客様の情報を保護しております。
  • お申し込みの方には、森美術館の最新情報を紹介する「森美術館メールマガジン」を送信させていただきます。
申込期間
2019.1.15(火) ~ 3.1(金)
会場
森美術館オーディトリアム
定員
80名(要予約)
料金
無料(ただし、当日有効の森美術館「六本木クロッシング2019展」チケットが必要です)
お問い合わせ
森美術館 ラーニング担当
Tel:03-6406-6101(月~金 11:00~17:00)
メールでのお問い合わせ
カテゴリー
展覧会関連
対象
一般
タグ
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る