展覧会

塩田千春展:魂がふるえる

2019.6.20(木)~ 10.27(日)

作家メッセージ

今まで、展覧会が好きでそれだけが生きがいで、作品を作ってきました。どうにもならない心の葛藤や言葉では伝えることができない感情、説明のつかない私の存在、そのような心が形になったのが私の作品です。一昨年、12年前の癌が再発しましたが、死と寄り沿いながらの辛い治療も、良い作品を作るための試練なのかもしれないと考えました。この展覧会では、過去20年間分の作品を発表します。裸になった私の魂との対話を観てください。

塩田千春

撮影:Sunhi Mang
撮影:Sunhi Mang

塩田千春

1972 年大阪府生まれ、ベルリン在住。2008年、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。南オーストラリア美術館(2018年)、ヨークシャー彫刻公園(2018年)、スミソニアン博物館アーサー・M・サックラー・ギャラリー(2014年)、高知県立美術館(2013年)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(2012年)、国立国際美術館(2008年)を含む世界各地での個展のほか、シドニー・ビエンナーレ(2016年)、キエフ国際現代美術ビエンナーレ(2012年)、横浜トリエンナーレ(2001年)など国際展参加も多数。2015年には第56回べネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館代表。

塩田千春《どこへ向かって》
塩田千春
《どこへ向かって》
2017年
白毛糸、ワイヤー、ロープ
展示風景:「どこへ向かって」ル・ボン・マルシェ(パリ)2017年
撮影:Gabriel de la Chapelle
塩田千春《集積―目的地を求めて》
塩田千春
《集積―目的地を求めて》
2016年
スーツケース、モーター、赤ロープ
展示風景:「アート・アンリミテッド」アートバーゼル(スイス)2016年
Courtesy: Galerie Templon
撮影:Atelier Chiharu Shiota
塩田千春《どこへ向かって》
塩田千春
《どこへ向かって》
2017年
白毛糸、ワイヤー、ロープ
展示風景:「どこへ向かって」ル・ボン・マルシェ(パリ)2017年
撮影:Gabriel de la Chapelle
塩田千春《集積―目的地を求めて》
塩田千春
《集積―目的地を求めて》
2016年
スーツケース、モーター、赤ロープ
展示風景:「アート・アンリミテッド」アートバーゼル(スイス)2016年
Courtesy: Galerie Templon
撮影:Atelier Chiharu Shiota
チケット・開館時間
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る