展覧会

STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ

世界が認める現代アートのトップランナー6名
その初期作品と最新作をつないで見せる
待望の展覧会!

2020.7.31(金)~ 2021.1.3(日)

戦後の高度成長期、日本ではオリンピック、万国博覧会といった国家規模のイベントが続き、国際化が推進されました。その間、現代美術の世界でも、脱植民地主義、多文化主義などさまざまな議論が重ねられ、ビエンナーレやアートフェアなど新たな場が拡がりました。

本展では、この間に日本という枠を越えて広く国際的に活躍し、今日、多様な地域や世代から高い評価を得るアーティスト6名を選び、その活動の軌跡を初期作品と最新作をつなぐかたちで紹介します。彼らの実践は世界からいかに評価されてきたのか。国境や文化を越えた普遍的な課題の追求、伝統や美学、テクノロジーやサブカルチャーなど、日本固有の社会的、文化的、経済的背景をふまえて探ります。また、1950年代から今日まで、海外で開催された主要な日本現代美術展に関する資料も展示し、それぞれの時代の評価軸や系譜を検証します。

2020年、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより世界は一変し、経済的、社会的構造の脆弱性が浮き彫りになっています。そのような状況下、この6人のトップランナーたちの実践は、美術の本質的な役割とは何か、アーティストの成功とは何か、目指す「世界」とはどこなのか、といった根源的な問いを喚起するとともに、コロナ後の世界への示唆に富んだ力強いメッセージとなることでしょう。

 展示風景はこちら 


出展アーティスト  ※姓のアルファベット順

草間彌生

李禹煥(リ・ウファン)

宮島達男

村上 隆

奈良美智

杉本博司


ギャラリートーク

ギャラリートーク動画をYouTubeで公開中。森美術館館長の片岡真実が展覧会の見どころをご紹介します。こちら


作品リスト

「STARS展」の作品リストはこちらよりダウンロードできます。(PDF/126KB)


作品

草間彌生
草間彌生
《ピンクボート》
1992年
詰め物入り縫製布、ボート、オール
90×350×180 cm
所蔵:名古屋市美術館
李 禹煥
李禹煥
《関係項》
1969/1982年
鉄板、ガラス、石
180×220×40 cm
宮島達男
宮島達男
《30万年の時計》
1987年
発光ダイオード、電子回路、電線、他
32×21×4.5 cm
撮影:広瀬忠司
村上 隆
村上 隆
《Ko²ちゃん(プロジェクトKo²)》
1997年
油性塗料、アクリル絵具、グラスファイバー、鉄
181×61×102.5 cm
奈良美智
奈良美智
《Voyage of the Moon (Resting Moon) / Voyage of the Moon》
2006年
ミクスト・メディア
476×354×495 cm
制作協力:graf
所蔵:金沢21世紀美術館
撮影:中道 淳/ナカサアンドパートナーズ
杉本博司
《シロクマ》
1976年
ゼラチン・シルバー・プリント
42.3×54.6 cm

見どころ

日本の現代美術界に燦然と輝く、世界が認める6名のスターたち、その初期作品と最近作を展示

各アーティストが、国際的に認められるようになった時期に制作した作品と、最近作または新作を各々の展示空間に並置して展示。超大物アーティストが一堂に会する、壮観かつ圧巻の展覧会が実現します。

現代美術初心者にもおススメしたい、「日本の現代美術」入門として

大型のインスタレーションや迫力の映像など、体感を重視した作品展示と、日本の現代美術の歴史や作家のキャリアについて学ぶ資料展示で五感と知識欲を刺激。美術館というリアルな空間で、現代美術ならではの実体験を提供します。

アーカイブ展示 その1:アーティストの活動歴

6名のアーティストがこれまで出展した主要な展覧会歴、カタログ、展示風景写真、展覧会評などの資料をとおして、各アーティストが世界でどのように評価されてきたかを解き明かします。

撮影:高山幸三
撮影:高山幸三

アーカイブ展示 その2:海外で開催された日本の現代美術展「50展」

1950年以降、海外で開催された日本の現代美術展のなかから50展を選出し、各展の概要とともに、展示写真や当時の批評など、貴重なオリジナル資料を含めて紹介します。主催者や企画者はどのように「日本」を伝えようとしたのか。また、どのように受け取られたのか。資料のなかには厳しい批評などもあり、その道のりは順風満帆ではなかったことが伺えます。日本の現代美術の海外における受容の歴史を紐解きます。

撮影:高山幸三
撮影:高山幸三

開催概要

撮影に関する注意事項

「STARS展」では、以下の条件の範囲内で作品の写真撮影が可能です(一部作品を除く)。

マークのついた作家の作品は撮影できません。詳しくはこちら

が付いている作品は撮影できません。詳しくはこちら

撮影に際して

  • 作品に触れないでください。
  • 他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
  • フラッシュの使用はご遠慮ください。
  • 三脚や自撮り棒の使用はご遠慮ください。
  • 動画撮影は禁止です。

村上隆の作品を撮影した写真の利用に関して

  • 非営利かつ私的使用の目的でのみ撮影および利用が可能です。

草間彌生、李禹煥、宮島達男、奈良美智、杉本博司の作品を撮影した写真の利用に関して

  • 撮影された写真は、非営利目的でのみ利用できます。営利目的には利用できませんのでご注意ください。
  • 撮影された写真に変更を加えることはできません。
  • 上記写真の使用条件はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下で許諾されています。
  • 撮影した写真をブログや写真共有サービスなどに利用する場合は、以下のとおり表示してください。

表記例

作家名・作品名:草間彌生《ピンクボート》
この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際」ライセンスの下で許諾されています。

※ クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細や表示については、クリエイティブ・コモンズ・ジャパンのウェブサイトをご参照ください。
※撮影された作品写真に来館者が写っている場合、その写真の公表にあたって写り込んだ方の肖像権に触れる場合がありますので、ご注意ください。

基本情報
  • シェアする
  • ツイートする
  • シェアする
  • ツイートする
  • LINEで送る